小学生

金沢大学附属小学校入試 募集要項 発表されてます!

280px-Kanazawa_Univ_School

280px-Kanazawa_Univ_School

金沢大附属小学校入試の募集要項が9月18日に発表されましたね。ご覧になりましたか?

新1年生の募集要項ならびに複式学級の募集要項ともに大きな変更点はないようです。

そういえば昨年の募集要項で平成29年度以降に学級編成の変更を計画している旨の記述がありました。この計画については今年の1月5日、計画案の概要を定めるに至らなかったため、変更を実施しない旨ホームページで告知されていました。そこには平成30年度以降に変更を計画する場合には、あらためてお知らせすると書かれていました。

今年の募集要項を見ますと、学級編成の変更に対しする言及がありませんので、学級編成ははやくても平成31年度以降になるのだろうと思われます。

新小学1年生ならびに、複式入試の募集要項は以下のリンクからダウンロードできます!

1年生 募集要項はこちら

複式 募集要項はこちら

錦丘中学校の入試はこう変わる!

a00154-1

a00154-1

たまには中学受験の情報も!

今年度から錦丘中学校の入試が変わります。

【これまでの選抜方法】総合適性検査+作文+面接

だったのですが、今年度からは、

総合適正検査1・総合適正検査Ⅱ+面接

となるのですが、はて?どう変わるのかよくわからないなーと言う人もいると思いますので、簡単に解説を。

錦丘中学校がスタートしたのは今から11年前の2004年。高校と比べて歴史も浅く、志願者の選抜方法についても改善が重ねられてきました。

近年は、主要4教科の内容を重視し、算数の問題を充実させるなどに配慮した問題が作成されていました。

しかしより的確に志願者の能力や適正を判断するために、問題の量及び出題分野のバランスにより一層配慮する必要があると判断したため、これまで60分で実施していた総合適正検査と40分で実施していた作文の計100分の選抜試験を改めて構成することにしたそうです。

適性検査1では、読解力・表現力等に「条件作文」を含め、主に言語に関する力や国語の学力をみる内容を出題し、適正検査Ⅱでは、問題解決力や論理的思考力等、主に自然や社会、数理に関する力、つまり社会・算数・理科の力を見る内容を出題することとし、それぞれのテストを55分、併せて110分のテストへと変更するのだそうです。

大幅に変わるのか?と思われている方も少なくないと思いますが、実際は昨年までと同様、「融合問題」「総合問題」という形式での出題となるそうです。

公立中高一貫校の志願者選抜にあたっては、文部省の通達により「教科」という言葉は使えないため、どうしてもこのような表現になってしまいます。

簡単にまとめると、これまでのテスト形式だと「教科」ごとの学力判断のバランスが悪いため、的より的確に判断するために、テストを2つに分けるということのようです。これには試験時間が足りないといった声への対応も含まれているようです。

錦丘中学校を目指されている方はいよいよ入試対策を本格化されていることでしょう。zawanabiでも少しでも力になれたらと思い、サポート企画を計画中です!!そのうちご案内しますね。

 

 

 

星稜中学校 H28年度 新学年募集要項をチェック!

000000251_image

小・中学生を応援するZAWANABI。最近アップされている記事は、高校受験の情報ばかりじゃないかと怒られてしまうかもしれませんね。決してそういうわけではないのですが、石川県は高校受験が盛んな県。やはりどうしても中学受験はマイナーな存在です。そのためどうしても情報が….。

でも、できる限り情報はアップしていこうと思っています。

さ、中学受験もはっきりとした動きがみられてきています。

星稜中学校が9月1日に次年度の募集要項を発表しました。

【定員】

男女 約70名

【出願期間】

2016年1月8日, 12日〜14日の午前9時〜午後4時まで

※直接持参する必要があります!!

※県外からの受験は郵送でもOKとのこと。

【入学試験】

2016年1月17日 午前9時〜

【試験科目】

国語・算数・社理 (各々40分)+面接(保護者同伴)

【配点】

国語 100点

算数 100点

社会 50点  理科 50点

【合格発表】

2016年1月20日 午後1時〜

 

募集規模は小さいですので、どうしても県内の中学受験というと附属中学校か錦丘中学校となってしまいますが、星稜中学校もお忘れなく!

ちなみに星稜中学校は11月14日午前9時から学校見学会を開催するそうです。学校見学会では、学校紹介だけでなく、入試説明や部活動体験ができるとのこと。特に星稜中学校は部活動でも有名ですから、星稜中学校に入学してバリバリ部活動に取り組みたいという方は要チェック間違いなしです!

こちらから学校説明会に申し込み可能です。

 

 

※アイキャッチ画像は星稜中学校HPより参照しています

映像授業が流行ってますね

2ouw1pc8umn8ysr47oc1_400x400

IT技術の発達により、これまで物理的に不可能であったことが容易にできるようになっています。

最近脚光を浴びている「映像授業」もその一つ。これまでは高校生を対象とした大学受験向けというイメージが強かったですが、中学生や小学生へとその対象も拡大してきているようです。

映像授業の利点はなんといっても「何度でも繰り返し見ることができること」「授業を自分の指で止めることができること」そして「どこにいても映像にアクセスできること」だと思います。わざわざ塾に通う必要もなく、家でタブレットやPCからすぐに動画にアクセスできる。そして映像の先には、全国を代表するような有名講師の授業が展開される。都市部と地方の教育格差是正が期待されているのも頷けます。だからこそ急速にこれらの映像授業が浸透していっているのだと思います。

もちろん映像授業は利点ばかりではありません。「自主性」があることが利用の大前提ですから、学習に対する自主性のない子には向きません。また映像授業はリアル授業よりも1回あたりの学習内容の吸収度が低くなる傾向にあるとのことです。これは映像視聴のスタイルが影響しているのかもしれません。

したがって、こういった点をカバーし、学習管理を保護者の方がするか、もしくはそういったことを家庭教師や塾の先生にお願いすることができるようであれば、映像授業は非常に強力なツールとますますなっていくことでしょう。

さてその映像授業を提供しているサイトを簡単に3つだけご紹介(本当は他にもたくさんあるのですが、とりあえず筆者が知っている生徒を中心に)

まずはなんといってもこのサイト

2ouw1pc8umn8ysr47oc1_400x400

 

アオイゼミ

もうアオイゼミやっているよ!っていう方も少なくないと思います。アオイゼミのいい所はやはり「LIVE感」ですよね。にこにこ動画みたいに、生の映像に対して全国の受講生がコメントをしていく。そのコメントに先生も生で反応する。こういった所が現代っ子のハートをつかんでいるのだろうと思います。

そしてもう一つ大注目なのが、

logo_site_guestPage

勉強サプリ

これはあのリクルートが今年から本格的にスタートした小・中学生を対象とした映像授業を主体としてトータルの学習をバックアップしてくれるサイト。一流の先生の映像授業だけでなく、ドリルもセットになっている点がウリです。またどこかの記事にあったのですが、オンライン上で問題に取り組ませていくことで、正解・不正解のビッグデータを解析して、一人一人にあった学習内容を提供するのだそうです。個別指導塾の個別カリキュラムなどでは到底太刀打ちない、まさにモンスター。さすがリクルートです

 

logo

すらら

すららはどちらかというと成績が中位から下位の生徒を対象としたもので、学習塾が導入している例も少なくないようです。ゲーム的な要素をふんだんに取り入れることで、勉強になかなか集中できない成績下位の生徒でも取り組みやすくする工夫がなされているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文章中の各サイトのロゴは、各サイトより転載しています。転載NGの場合はお知らせください。

 

 

冷静になろう!附属小学校から附属中学校に行けなくなるわけないじゃやない!笑

280px-Kanazawa_Univ_School
金沢大附属小学校に不穏な噂が広がっているとかいないとか..笑


 

金沢大附属小学校に在籍されている生徒の方は、原則として本人が望めば金沢大附属中学校に進学行けるハズなのですが…
先日発表された募集要項で動揺が広がっているのだそうです。
これまで附属小学校の方は、公立小学校から附属中学校を受験する方とは別のテストを受験していたのですが、来年度から同じテストを受けることになったわけです。
で、これが附属小学校から附属中学校へ進学する方の中で、学力が低い子を進学させないようにするための伏線なのではないかということのようです。
これぞチャンスとばかり学習塾の中には、その不安感を煽るかのように声がかけられているようです。受験組はもう勉強しているぞ!!と…。
こういった噂に流される人って少なくないと思うので仕方ないだろうなと思うのですが…、
冷静になって考えればそんなことされるわけないじゃないですか。
入学時に中学校への進学ができるという説明をうけて入学しているわけですから、一方的にその前提条件を変えるようなことはできないはずです。
本当にそういった方向に舵を取ろうとしているのであれば、入学時に説明したうえで…となるでしょう。
というわけで、附属小学校の皆さん、ビビルベカラズであります。

 

金沢大附属中学校の募集要項が発表されたよ!チェックチェック!!

94088931
94088931

例年2月に入試を実施していた金沢大附属中学校が入試日を12月にすると発表し話題になっていましたが、その附属中学校が今年度の募集要項を発表しました!!
こちら からダウンロードできます!

入試日が変更になったものの、試験科目などは例年通りですね。

国語・算数・総合(理科・社会の総合問題)・面接・体育実技に調査書を加味して合否判定されます。

募集要項の[8]の追加合格の欄を見ると、欠員が出た場合には追加合格者を決定するとあります。

今年度の錦丘中学校の試験日は1月24日、合格発表は2月1日。
ということは附属中と錦丘中を併願受験することはできたとしても、錦丘中の合格を確認してからどちらに通うかを選択するといったことはできないんですね。

2015年度 錦丘中学校 入試結果もどうぞ!

a00154-1

中学受験のお話も。
金沢大附属中学校と錦丘中学校は、県内の中学入試でも特に人気がありますね。
今回はその錦丘中学校の最新入試結果のご紹介です。

まずは今年度も含めた過去の入試結果一覧をご覧ください。

公立高校入試と違って中学入試は狭き門ですね。錦丘高校の今年の合格率は約70%。一方で錦丘中学校は今年若干上がったといっても約45%。その差は歴然。
錦丘中学校は過去平均で合格率が40%ですから、5人に2人が合格、逆に言えば5人に3人が不合格になるわけです。そこまでしても錦丘中学校を受験するというのは、やはり中高一貫教育に魅力を感じているからなのでしょうかね。設立当初は「高校受験をしなくていいから」といった消極的な志望動機が多かったと聞いたことがありますが、今はだいぶ変わってきたのかもしれません。
事実近年は遠く加賀市や小松市、羽咋や七尾といったかなり遠い地域からわざわざ受験する生徒が増えていますね(ま、若干名ですが…)
そんな錦丘中学校の今年度の入試スケジュールについてはこちらの記事をご覧ください。

錦丘中学校 今年度の入試は1月24日に決定!

a00154-1
錦丘中学校の入試日程もすでに発表されていますので、ご紹介しておきましょう!
【出願期間】2016年1月12日(火)〜15日(金)
 【試験日】2016年1月24日(日)
【合格発表】2016年2月1日(月)
【選抜方法】
① 調査書
② 適性検査Ⅰ ・・・ 読解力や表現力等、言語に関する力を問うもの
③適性検査Ⅱ ・・・問題解決力、思考力等、自然や社会、数理に関する力を見る内容
④面接

金沢大附属中学校【入試】が変わる!

280px-Kanazawa_Univ_School
すでにご存知の方も多いと思いますが、今年から金沢大附属中学校の入試が変わります!!
変わるのは入試日!
例年2月に実施されていた入試が12月に前倒しで実施されます。
【2015年度 金沢大附属中学校入試】
日程:2015年12月12日(土)・13日(日)
合格発表:2015年12月19日(土)
今年からは附属小学校の生徒も、外部受験組と一緒に同じテストに取り組むのだとか。
附属小学校生は二日目の体育や面接はないとの情報が現時点で伝わっています。
詳細は7月に発表ということですので、もう少し待ちましょう!