中学生

いよいよ明日は金沢市統一テスト!

IMG_0168

いよいよ明日は第2回金沢市統一テストですね。受験生の皆さんは是非自分のベストが出せるように頑張ってほしいと思います。今日は最終確認をしてあとは寝るだけという方も少なくないでしょう。もしあともうちょっと起きているようでしたら、過去の誤答問題の中で、特に自分が苦手と感じている分野の問題をピックアップして、解法のチェックをしておくと良いと思います。ただし、あまり遅くまでやるのはおすすめではありません。やはり午前中から頭がクリーンに動くことが理想ですから、なるべく早く寝て、明日に備えてもらえればと思います。

 

第2回金沢市統一テスト直前!理科・社会 漢字テスト!

lgi01a201404300100

冬休みも今日で終わり、明日から学校という方も少なくないと思います。始業式の次の日には、受験生にとっては待ちに待った「第2回金沢市統一テスト」が控えています。第1回金沢市統一テストと範囲が異なるため、例えば数学であれば相似の証明問題などが出題されるなどの違いはありますが、形式はほぼ第1回の金沢市統一テストと同じです。そんな第2回金沢市統一テストに向けて、受験生の皆さんも最終調整に入ったのではないかと思います。県内の公立入試や統一テストは、答えを記述する問題が多いですから、わかるだけでなく、しっかりと漢字で書けなければいけません。漢字練習というと国語にばかり目が向きがちですが、理科・社会についても、獣用語についてはちゃんと漢字で書けているかをチェックしておいた方が良いと思います。そこで、今回は、理科・社会のテストに頻出の用語を取り上げ、その漢字がしっかりと書けるかをチェックする機会にしてもらえればという記事をアップします。

続きを読む

受験直前!試験中のトラブル対処法

images

いよいよ明日です!金沢大附属中学校の入試が明日実施されます。金沢の中学受験がスタートするわけです。試験直前の過ごし方については、おとといあたりから「持ち物チェック」「前日〜当日朝までの過ごし方を記事にしています。よろしければご覧くださいね。さて、本日は試験中にトラブルが起きた時は??!ということで、試験中の過ごし方についての記事をアップしようと思います。 続きを読む

金沢高専入試【数学】傾向と対策

emblem

私立高校入試の試験問題を分析していくシリーズを本日も。数学のみではありますが、1校1校分析を続けてきました。本日が一区切りであります。金沢高専の入試問題を詳しく分析していきますよ!!(私立高校は他にもあるのですが、おそらく金沢から受験する方はほとんどいないだろうと思いますので、残りの高校は省略させていただきます)。というわけで早速始めていきたいと思います。まずは全体傾向から。 続きを読む

尾山台高校入試【数学】傾向と対策

images

私立高校入試の出題傾向を探っていくシリーズ。数学だけではありますが、一校一校分析を続けてまいりました。本日は尾山台高校の入試分析をお伝えしていこうと思います。それでは早速スタートしますね!

続きを読む

金沢高校入試【数学】傾向と対策

スクリーンショット 2015-12-01 16.15.47

昨日から始まった私立高校入試対策を考えるシリーズ。昨日は星稜高校の【数学】に焦点を当てて、その傾向と対策を考えました。本日は金沢高校の【数学】を取り上げます。私立高校の入試問題には学校のカラーが色濃く反映されるといいます。どういった問題が出題されているのでしょうか?!早速チェックしていきましょう。 続きを読む

星陵高校入試【数学】傾向と対策

スクリーンショット 2015-11-30 17.48.27

私立高校入試までもう2ヶ月ないんですね。ここから入試終了までは本当にアッという間です。

そこで、今回からこちらもシリーズ企画として、私立高校入試の傾向分析と対策法について考えていきたいと思います。

冬休みは集中して自分の弱点に向き合える最後の長期休暇です。自分の弱点を把握するだけでなく、志望校の傾向をしっかりと把握したうえで、出題されやすいのに自分が苦手な単元から順番に学習を進めていくことをオススメいたします。今回からの記事はそのお助けとなるものを目指しています。

初回は星陵高校の【数学】をお送りいたします。 続きを読む

【号外】第1回金沢市統一テスト 結果速報

スクリーンショット 2015-11-21 15.37.05

金沢市統一テストの平均点が公表されたようですね。ザワナビ編集部も無事入手することができました。早速結果速報をお伝えしようと思います。この結果の分析についてはまた後日記事をアップしていきます。

ザワナビ読者の方でもし情報提供にご協力いただける方がいらっしゃいましたら、

こちら

のアドレスまで、学校で配布された結果表(成績連絡表)の写真を送付していただけると助かります。その際、学校名をお知らせいただければより精度ある分析ができると思います。よろしくお願いいたします。

それでは平成27年度(2015年度)第1回金沢市統一テストの試験結果速報です! 続きを読む

実践的な過去問の取り組み方

スクリーンショット 2015-11-21 14.03.41

本日は久しぶりに「学習法」に関する記事を。

この時期、受験生の勉強内容に占める「過去問演習」の割合はどんどん増えていっていると思います。そこで実践的な過去問の取り組み方をご紹介しておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

実践技1 時間を計る

当たり前ですが、必ず時間を計って制限時間内で取り組むようにしましょう。できれば見直しの時間を考慮して、制限時間よりも5分程度時間を短くして取り組んでみるといいと思います。なお、時間を計る相棒はキッチンタイマーです。100円ショップで100円で売っていますので、初期投資だと思ってぜひ購入してみてください。

実践技2 時間が足りなかった場合は延長戦

制限時間内に終わらなかった問題は、延長戦として一通り取り組んでみましょう。もちろん採点する時にはこれらの問題は点数には含めませんけどね。全教科すべての問題に取り組んだら、丸つけをしていきます。

実践技3 ◯, ×つけて終わりでない。

「丸付けをする」というと、解答を見て自分の答えに◯、×を記入し、×だった問題の答えを直してはいおしまい!としている受験生が少なくないと聞きますが、これは絶対NGです。◯、×をつけたあとは、必ず解説を隅々、じっくりと読むようにしましょう。間違えた問題の解説を熟読し、理解するのは勿論ですが、正解していた問題も、自分とは異なる解き方で解いているかもしれませんから(数学など)、時間に余裕がある時はチェックしておくと良いと思います。ちなみに、解説を読んでもよく分からない。そう言った問題もあると思います(特に全国高校入試問題正解の数学の解説には、とても一発で思いつかないような解法が載っていたりすることもありますので..)。その場合はどうすれば良いか?!

塾に通っている人であれば、塾の先生に質問する、もしくは学校の先生の暇を見つけて質問するなど、解説が理解できないものはまず「質問」しようとすると思います。これは至極正しい方法なのですが、受験日が近づいている直前期という点を考慮した場合、解説を読んでも分からない問題は捨てるの一手かなと思います。

そもそも解説を見ても分からないということは、その問題を解く以前の何かしらの部分の理解ができていない可能性が高いわけです。そのような状態無理に理解しようと、たくさんの時間を割くぐらいなら、その問題に関連する単元の基礎・標準的な問題に取り組んだ方がよっぽど得点力が上がるように思うのです。

受験勉強ではついつい「完璧主義」になりがちです。「これもやらないと、あれもやらないと..」しかしよく考えてみてください。入試で満点を取る必要はありません。上位校ですら、70%程度の正答率で合格できるわけです。つまり、30%は捨て問なのです。解説を読んでも分からない問題はおそらく正答率も低い問題だと思いますから、なおさら深追いしない方が良いと思います。

限られた時間をより効率的に過ごすためには、このような考え方で過去問に取り組んでみるのもいいかもしれませんよ!

あ、過去問を購入されていない方は、もうそろそろ購入しましよう!

 

平成27年度 第1回金沢市統一テスト分析ー国語編ー

スクリーンショット 2015-11-18 0.11.33

先日実施された第1回金沢市統一テスト。その出題内容に関する記事をこれまで毎日アップしてきましたが、それも今日でお終いです。本日は「国語編」をお送りいたします。これまでアップした

英語編

数学編

理科編

社会編

もよろしければご確認ください。

さ、それでは早速今年の国語の問題を見ていきましょう。

[1] 説明的文章読解 配点36点

立松和平「知床の四季を歩く」からの出題です。

問1 漢字の読み・書き  配点2点×5=10点

問2 部首名 配点 2点

問3 「に」の意味と用法 配点2点

と言ったように、問1〜問3の知識系の問題で[1]の配点36点の約40%が出題されています。その後文章に関する問が複数出題されます。問7の(1)で四字熟語に関する問題が出題され、知識系列の問題の配点合計は16点。問題に占める割合は約45%となります。

[2] 随筆文読解 配点42点

小川洋子「偶然の祝福」の「キリコさんの失敗」からの出題です。

問1 漢字の読み・書き 配点2点×5=10点

問2 文法 配点2点

問3 「れ」の意味・用法  配点2点

問4 「優越感」の対義語  配点2点

問5以降は本文に関する問いが中心となっています。知識系列の問題の配点合計は16点。問題に占める割合は約37%です。

[3] 短歌+鑑賞文 配点22点

今年は短歌+鑑賞文の形で出題されましたね。ここ最近の傾向通り「詩」が出題されると思っていた人も多かったかもしれません。

問1  画数 配点2点

問3 短歌の表現技法 配点2点

あとは短歌ならびに鑑賞文に関する出題となっています。

全体的に見ると、いわゆる知識系の問題の配点は合計で36点と全体の約40%は国語の読解とは直接関係のない部分からの出題となっています。

また解答が複数存在する記述問題の配点合計は25点となっています。文末表現による減点など、その問題の答えを書けた人は、できるだけ限定されないよう、解答にも指摘されている注意点はよく確認しておくとよいと思います。

以上、平成27年度第1回金沢市統一テスト「国語」の出題内容分析でした。実はこの記事はアップされている日(木曜日)よりも前に書いているのですが….、もうそろそろ金沢市平均点が発表された?される?のではないかと思います。繰り返しになりますが、今回のテストの点数評価はこの平均点の発表があってから初めてできることです。ザワナビでも平均点が発表されましたら、点数評価に関して記事を書いていこうと思っていますので、またよろしくお願いいたします。