石川県公立高校入試 攻略の秘訣【理科編(1)】

石川県公立高校入試 攻略の秘訣【理科編(1)】では、物理分野の過去の出題内容を整理し、傾向と対策について考えていきます。

今年は予測が難しい

過去出題された内容は下記の通りです。

【広告】授業をしていない塾から金沢大附属高校に全員合格しました。1人は数学最高点だったそうです。合格にも授業は必要ありません。

スクリーンショット 2017-02-11 17.37.44

特にこれといったはっきりとした傾向があるわけではありませんが、大問ベースで考えると、前年度に出題された分野と同じ分野から出題されるということはあまりないようです。

そうなると、昨年度出題された「電流と磁界」からの出題は確率的には少ないのかなーと思います。ちなみに、「電流と磁界」といった「電流」関連の出題のあった年の次の年は、

  • 光の進み方
  • 電流と磁界
  • 物体の運動

が出題されています。

2年続けて電流関連の出題があった過去もあるので、この単元が出やすい!! と簡単に予測はできませんが、基本的に前年度と同じ単元からの出題がないことを踏まえると、物体の運動や光からの出題可能性が比較的高くなる可能性があります。

この傾向を踏まえつつ直前対策の学習を進めていってください。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*