石川県公立高校入試 攻略の秘訣【理科編(2)】

石川県公立高校入試 攻略の秘訣【理科編(2)】では、化学分野の過去の出題内容を整理し、傾向と対策について考えていきます。

化学変化の問題対策が重要・計算問題対策も忘れずに

過去10年以上さかのぼって、実際に出題された内容を整理したものが次の表です。

スクリーンショット 2017-02-11 17.56.29

化学変化に関する出題が中心となっていますね。

以前は水溶液の性質や状態変化といった内容の問題も出題されていましたが、近年は化学変化に関する問題の出題が多くなっています。また計算を伴う問題が必ず出題されていますのでよく練習しておくと良いでしょう。

【広告】授業をいくら受けても成績は上がりません。授業を受けた自学自習こそ成績アップの最重要ポイント。ザワナビはその自学自習を徹底管理する新しいスタイルの学習塾です。

直前期はこれらの化学変化の問題対策を行いつつ、ここ数年大問ベースでは出題されていない「酸・アルカリ・中和」「電気分解」といった単元も適時復習しておくと良いと思います。

果たして今年はどこから出題されるのか ?!。

このような傾向を頭の隅っこに入れて、直前期の対策を行ってもらえればとおもいます。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*