石川県公立高校入試 攻略の秘訣【理科編(4)】

石川県公立高校入試 攻略の秘訣【理科編(4)】では、地学分野の過去の出題内容を整理し、傾向と対策について考えていきます。

天気の変化が出題されたその翌年は?!

過去に出題された内容を10年以上さかのぼってまとめたのが下の表です。

スクリーンショット 2017-02-11 18.42.25

【広告】授業をしていない塾から金沢大附属高校に全員合格しました。1人は数学最高点だったそうです。合格にも授業は必要ありません。

昨年度の記事では「地層」関連の出題があった次の年にどういった単元が出題されているかを整理したうえで、「天気の変化」が出題される可能性が高いことを指摘して、見事予想が正解しましたので、同じように「天気の変化」が出題された年の翌年はどんな単元から出題されているのかをチェックしてみようと思います。

2003年度「天気の変化」→翌年度「太陽系と惑星」

2009年度「天気の変化」→翌年度「太陽の観察」

2013年度「天気の変化」→翌年度「天体の動き」

このようになっています。

「天気の変化」が2年連続で出題されたという事例は、少なくとも過去10年では見られず、他分野からの出題となることが多いようです。そしてその他分野としては「天体」からの出題可能性が濃厚であると言えるかもしれません。

このような傾向を踏まえて、直前対策の学習を行ってもらえればと思います。

頑張ってくださいね !!

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です