もう購入しました?石川県高校入試2016

本屋さんの学習参考書コーナーにズドーンと積まれているこの問題集。

そう!高校受験生必携の問題集「石川県高校入試2016」(北國新聞社)

もう購入されましたか?!

この問題集に取り組み始めるのはもう少し後だとは思いますが、すでにアマゾンでは在庫が一時的に品切れになっているようです。早めに購入しておくことをオススメいたします。

一応アマゾンで購入される方のためにリンク貼っておきます。

さて現在は統一テストを含めた「過去問」演習に取り組んでいる受験生も少なくないと思います。そこで本日は過去問に取り組む際の注意点をいくつかご紹介しようとおもいます 。

まず、過去問に取り組むうえで念頭において欲しいことは、「過去問で成績は上がらない」ということです。志望校の過去問10年分に徹底的に取り組み、すべての年度で100点満点とれる状態にして受験した生徒が、不合格になったという話を聞いたことがあります。過去問を満点とれるまでやりこむことは時間のロスです。

そのうえで、

① 第一志望校(大半の方は、公立高校入試)の過去問は年内に2〜3年分、年明けに2〜3年分の合計5年分取り組めばOK。

②5科目一気に過去問に取り組む必要はないので、例えば国語などは今の時点からはじめてもらってOK。中学3年間分の学習内容を一通り学習した時点で過去問に取り組んでいく。

③解答要旨は、各自でコピーして取り組むとよいです。A3サイズがオススメです。

④過去問に取り組み◯・×をつけたら当然解説を見ると思いますが、解説を見て曖昧な部分があれば、かならず教科書や参考書で確認する。

 

上記4点をしっかりと意識してもらえれば大丈夫です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です