点じゃないんだ大切なのは

e3bbb-25e3258225b925e3258225af25e3258325aa25e3258325bc25e3258325b325e3258225b725e3258325a725e32583258325e3258325882b2015-06-122b16-51-20
よくテストが返却されると、「よかった!」とか「悪かったー」と点数を見て一喜一憂する人がいます。保護者の人の中にも点数を見て「何この点数!」とか「今回はよかったねー」と言う人がいます。でも、テスト結果において「点」はたいして大切じゃないのです。え?と思うかもしれませんね。正確に言うと、「点」はもちろん大事ですが、それよりももっと大切な数値があるということです。本日はその数値の代表例である「偏差値」というものを取り上げます。

90点はいい点数?!

あなたがテストで90点を取ったとしましょう。点数だけ聞くと、あなたかなり優秀だね!と思うはずです。しかし同じ90点でも、平均点が87点のテストにおける90点と、平均点が20点のテストにおける90点では、意味が違うと思いませんか?!

受験生は今年の夏休み前から、本格的に模擬試験に取り組んむことになります。これから毎回テストの結果と向き合っていく必要が出てきますが、このように点数だけで判断はできないんだという前提で、試験結果と向き合って欲しいと思います。

学校のテストではなかなか公表されませんが、模擬試験では「点数」以外にもう一つの数値が結果表で示されます。それが「偏差値」という数値です。

偏差値??という方のために、偏差値について簡単にご説明いたします。

偏差値とは簡単に言うと、テストを受けた人の中における自分の順位(位置)を数字で表したものです。もしあなたのテスト結果がちょうど真ん中だった場合、偏差値は「50」となります。この偏差値が大きくなればなるほど「優秀(上位)」、小さくなればなるほど「がんばれ(下位)」ということになります。テストを受けた人の得点分布が理想的な状態だった場合、偏差値は最大で75、最小で25となります。

つまり、この偏差値という数字に注目することで、自分が全体のどれくらいの位置にいるのかが分かるというわけです。だから、点数だけでなくこの「偏差値」という数字にも気を配ってもらえればと思います。

この偏差値は、あくまでもそのテストを上kた人の中における自分の位置を表すもの。だから、どんな人が受けたテストなのかということも重要となります。

石川県内で、塾に通っていない人でも受験できる模擬試験はいくつかあります。その中で
石川県総合模試 

は、県内の中学3年生が一番多く受験する模試として有名です。

また、

ティエラEXオープン

という模擬試験は、上位校に圧倒的な合格実績を誇る能力開発センターが実施している無料模試ですから、附属高校や泉丘高校を目指す方は受験してみてもいいかもしれません。

 

それ以外の模擬試験も、ご自身の判断で受験していただければと思いますが、1回だけ受験するとか、そういった形にならないようにしてください。
というのも、成績というのは、「点」ではなく「線」で捉える必要があるからです。そのような話はまた次回にでも。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*