インフルエンザの予防接種

急に寒くなってきましたね。体調を崩しやすい季節になりました。

さて、受験生の皆さんはもうインフルエンザの予防接種を受けられたでしょうか。先日の毎日新聞の記事を読まれた方の中には、インフルエンザの予防接種を躊躇している方もいるのではないでしょうか。

インフルワクチン:乳児・中学生に予防効果なし 慶応大など、4727人調査

詳細はこちら

これを読むと、インフルエンザのワクチン打っても効果ないんだと思ってしまいますよね。

しかし早合点してはいけませんよ!こちらの記事によると、この慶応大学の研究では、

「効果が確認できなかった」のではなく、元々のサンプルが少なすぎて、統計学的に有意な結果が得られていない

ということが正解のようです。

ちょうど11月頃から、インフルエンザの流行の型が予測されるため、予防接種を打つことが可能になっています。1か月程度間隔をあけて2回接種すると良いらしいですから、計画的にインフルエンザワクチンの接種を受けてもらえればと思います。効果は5ヶ月程度持続するそうです。少し費用はかさみますが、受験生以外の家族全員が接種することが理想です。

この時期は受験直前期ですから、目の前の勉強に意識が集中するのは仕方のないことです。が、本記事をきっかけに、身体面のチェックも万全にしておいて欲しいと思います。体調が万全でなければ、能力を最大限に発揮できませんからね。

インフルエンザだけでなく、例えば「虫歯」とか大丈夫でしょうか?

身体のメンテナンスもしっかりと!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です