中学3年生

残された1ヶ月の学習法【国語編】

残された1ヶ月の学習法。昨日までに、数学編・英語編とお送りしてまいりました。本日は「国語編」です。

正直申し上げて、この直前1ヶ月で最も重要度が低い科目なのが国語です。だからといって、何もすることがないのか?!というとそうではありません。この時期、国語に取り組む上でのコツをご紹介しましょう。

続きを読む

残された1ヶ月の学習法【英語編】

昨日各私立高校ならびに金沢大附属高校(推薦)の合否発表がありました。合格された方おめでとうございます。これで高校生にはなれる!となった方が大半だろうと思います。公立高校志望者の方は、残りあと1ヶ月のラストスパートを頑張ってもらえればと思います。前回、このラスト1ヶ月間の学習のコツ【数学編】をご紹介しました。今回は英語編をお送りしたいと思います。

続きを読む

残された1ヶ月の学習法【数学編】

本日私立高校の合格発表(一部の学校のみ)がありました。明日までにすべての私立高校で合格発表があります。私立合格をうけて、残された1ヶ月、志望校に向けてラストスパートを!と思っている受験生が大半だと思います。そんな”あと1ヶ月”の学習のちょっとしたコツを!本日は数学編です。

続きを読む

志望校選定ーボーダライン付近の場合どうするか?!ー

昨日、第2回金沢市統一テストと、第6回石川県総合模試の両方の結果をもとに、志望校合格可能性を色で感じる「志望校決定シート」を公開しました。今回はその志望校決定シートを用いて、ボーダーライン付近の方がどう考えるべきかを記事にしたいと思います。

続きを読む

時事問題

もうしばらくすると12月。このぐらいのタイミングから「時事問題」と言われる問題に取り組む受験生も多いと思います。

時事問題って何?と思われている方のために以下wikipediaから引用です。

時事問題(じじもんだい)とは、近年に起きた政治、経済、国際、社会一般における事象の総称である。 新聞、雑誌、テレビなどのマスメディアで取り上げられるトピックスが、入学試験・入社試験および各種資格試験の問題として取り上げられるときにしばしば用いられる。

よく受験生ならニュースよく見ておきなさいと言われるのはこういった問題への対応力を上げていくためです。

さてもう2015年も終わりに近づいてきています。今年の入試ではどういった時事問題が出題されるでしょうか? 続きを読む

【続】第1回金沢市統一テスト 結果分析

先日実施された第1回金沢市統一テストの結果表をいくつか入手することができました。各科目の平均点と合計点については公表されている通りです。簡単に確認しておきましょう。

スクリーンショット 2015-11-24 14.15.41

公表されている点数を単純にたしていくと246点になりますが、これは各科目の点数が小数点以下を四捨五入したものだからです。昨年度よりも平均点がグッと下がった今回の金沢市統一テスト。今回入手できた結果表にある各中学校の度数分布表をもとに、簡易版ではありますが、各科目の標準偏差を算出してみました。どの科目で「差」が出たかが一目瞭然ですよ。 続きを読む

【号外】第1回金沢市統一テスト 結果速報

金沢市統一テストの平均点が公表されたようですね。ザワナビ編集部も無事入手することができました。早速結果速報をお伝えしようと思います。この結果の分析についてはまた後日記事をアップしていきます。

ザワナビ読者の方でもし情報提供にご協力いただける方がいらっしゃいましたら、

こちら

のアドレスまで、学校で配布された結果表(成績連絡表)の写真を送付していただけると助かります。その際、学校名をお知らせいただければより精度ある分析ができると思います。よろしくお願いいたします。

それでは平成27年度(2015年度)第1回金沢市統一テストの試験結果速報です! 続きを読む

平成27年度 第1回金沢市統一テスト分析ー国語編ー

先日実施された第1回金沢市統一テスト。その出題内容に関する記事をこれまで毎日アップしてきましたが、それも今日でお終いです。本日は「国語編」をお送りいたします。これまでアップした

英語編

数学編

理科編

社会編

もよろしければご確認ください。

さ、それでは早速今年の国語の問題を見ていきましょう。

[1] 説明的文章読解 配点36点

立松和平「知床の四季を歩く」からの出題です。

問1 漢字の読み・書き  配点2点×5=10点

問2 部首名 配点 2点

問3 「に」の意味と用法 配点2点

と言ったように、問1〜問3の知識系の問題で[1]の配点36点の約40%が出題されています。その後文章に関する問が複数出題されます。問7の(1)で四字熟語に関する問題が出題され、知識系列の問題の配点合計は16点。問題に占める割合は約45%となります。

[2] 随筆文読解 配点42点

小川洋子「偶然の祝福」の「キリコさんの失敗」からの出題です。

問1 漢字の読み・書き 配点2点×5=10点

問2 文法 配点2点

問3 「れ」の意味・用法  配点2点

問4 「優越感」の対義語  配点2点

問5以降は本文に関する問いが中心となっています。知識系列の問題の配点合計は16点。問題に占める割合は約37%です。

[3] 短歌+鑑賞文 配点22点

今年は短歌+鑑賞文の形で出題されましたね。ここ最近の傾向通り「詩」が出題されると思っていた人も多かったかもしれません。

問1  画数 配点2点

問3 短歌の表現技法 配点2点

あとは短歌ならびに鑑賞文に関する出題となっています。

全体的に見ると、いわゆる知識系の問題の配点は合計で36点と全体の約40%は国語の読解とは直接関係のない部分からの出題となっています。

また解答が複数存在する記述問題の配点合計は25点となっています。文末表現による減点など、その問題の答えを書けた人は、できるだけ限定されないよう、解答にも指摘されている注意点はよく確認しておくとよいと思います。

以上、平成27年度第1回金沢市統一テスト「国語」の出題内容分析でした。実はこの記事はアップされている日(木曜日)よりも前に書いているのですが….、もうそろそろ金沢市平均点が発表された?される?のではないかと思います。繰り返しになりますが、今回のテストの点数評価はこの平均点の発表があってから初めてできることです。ザワナビでも平均点が発表されましたら、点数評価に関して記事を書いていこうと思っていますので、またよろしくお願いいたします。

 

平成27年度 第1回金沢市統一テスト分析ー社会編ー

先日実施された平成27年度 第1回金沢市統一テストの問題分析をお送りしているザワナビ。昨日までに、

英語

数学

理科

と分析してきましたので、本日は「社会」であります。もうそろそろしたら金沢市平均点が発表されると思います。発表されて初めて、自分の点数の評価をしてくださいね。現時点で全てのテストは返却されて点数が分かっているとは思いますが、評価はあくまでも金沢市平均点が発表された後です。

ということで、社会見ていきましょう。

社会は大問6つで小問数が50問。これまた理科同様相変わらずボリューミーであります。地理・歴史・公民からそれぞれ大問2つずが出題されています。

[1] 世界地理 (配点2点×8=16点)

あまり重点的に学習していないような地域が取り上げられているので、戸惑った受験生もいたのではないかと思います。

問1 エジプトについての問です。

(1)エジプトを通る、世界で最も長い川の名前を答える問題。これは簡単です。

(2)アフリカの多くの国でヨーロッパの言語が使われている理由の記述。これも簡単。

(3)面積、人口、国民総所得に関する表から、エジプトを表しているものを選ぶ問題。

カナダが大きい国ということをわかっている受験生は多いと思いますが、フランスとエジプトどっちが大きいんだろう?と??となった受験生もいたかもしれませんね。また、与えられた図ではフランスの方が大きいという…(笑

問2 キューバが面している海は三大洋のうちのどれかという問題。今年はキューバに関する大きなニュースもあり、そう言ったニュースを見たことがあれば、キューバの位置を目にする機会があったと思いますが、そうでなかった場合、キューバって、たぶん馴染みがないので、場所どこだろう??と思った受験生もいたのではないかと思います。ま、でも三大洋のどれですか?だから確率は30%です。

問3 総発電量と発電源別割合を示した表から、フランスに当てはまるものを選ぶ問題。フランスが原子力発電が盛んな国であることを知らなければわからないですね。

問4 北アメリカ大陸のおよその形を描く問題。学校の定期テストで出てたと思います。

問5 小麦の生産量及び輸出量の国別割合の表から、カナダやフランスが世界有数の小麦輸出国となっている理由を記述させる問題

問6 与えられた文から、その文がどの国のことを表しているかを答える問題。

以上が[1]ですが、ちょっと難しいですよ!!今年の問題(汗

[2] 近代史 (配点2点×9=18点)

第二次世界大戦終戦までの近代史が出題されています。問4の国際連盟で事務局長を務めた人物を記述させる問題。新渡戸稲造と気付いた受験生の中にも、その名前を「漢字」でしっかり書けた人ってどれくらいいたのでしょう。意外と書けなかった人も多いのではと予測します。記述問題は問7、問8で出題され、問7では、「治安維持方から五一五事件の間で、日本の輸出額が大幅に減っていることを、このころ世界で起こった出来事と関連付けて記述市なさいという問題」、問8では、「ソ連と米国の対立がなぜ冷戦とよばれたのかを、対立の様子から説明市なさい」という問題が出題されています。

[3] 公民 (配点2点×9=18点)

平等権や社会権、そして新しい人権に関する問題です。問1〜問4までがこれらの人権関連の問題です、標準的な問題となっています。問5はインターネットについての問、そして、問6では多文化社会で生きるために求められることについての問が出題されています。

[4] 日本地理 (配点2点×8=16点)

青森県、秋田県、群馬県、新潟県、岡山県について、共通点を選択式で答える問題、県名と県庁所在地の名前が違う県を答える問題、面積や農業産出額、漁獲量に関する資料から該当する県を選ぶ問題などが出題されています。問6は石川県の人口に関する問題が出題されています。

[5] 歴史 (配点2点×8=16点)

日本の貨幣に関する歴史についての出題です。問7では定番の歴史の並び替えが出題されていました。A〜Fを並び替えるのですが、Aが一番最初、Fが一番最後ということは問題文に書かれていますので、実質的にはB、C、D、Eの4つの並び替えとなります。

[6] 公民 (配点2点×8=16点)

議院内閣制、選挙制度、憲法改正に関する問題が出題されています。「一票の格差」とはどのようなことかということを記述させる問題も見られます。

ここまで、平成27年度第1回金沢市統一テストの問題内容をザーッと見てきました。ちょっと今年の問題は難しいですね!平均点がどのようになっているのか注目です。

 

平成27年度 第1回金沢市統一テスト分析ー理科編ー

本日も先日実施された第1回金沢市統一テストの出題内容分析を行っていこうと思います。

英語

数学

はすでに分析済みですので、よろしければご覧ください。

それでは早速見ていきましょう!

今年度の第1回金沢市統一テストは大問が9つ、小問数が50問となっています。試験時間が50分ですからスムーズに解いていかないといけませんね。

[1] 小問集合

問1 塩化アンモニウムと水酸化カルシウムの混合物の加熱について

(1)実験方法に関する出題(気体を取集するための方法を図に必要な器具を書き足して完成させる)

(2)発生した気体の性質に関する問い

問2 人体 (ヒトの腕について)

問3 (1) 平均の速さ(中3 運動とエネルギーから)

(2) 電流 (交流について)

[2] 生物

この問題はよくある問題ですから、しっかりと得点をゲットしたいでうね。植物の光合成に関する対照実験の問題です。

[3] ばね

中1 力と圧力からの出題で、ばねの伸びと力の大きさに関する問いが中心の問題が出題されています。問1では、与えられた表を参考にして、ばねの伸びと力の大きさをグラフで表させていますが、それはそのまま問3の答えにつながっていくといった感じです。

[4] 中和

中和に関する問題です。学校によっては中和を統一テストの直前に学習していた学校があったとのことです。問題自体の難易度はそこまで高くありません。仮に第2回金沢市統一テストもしくは公立高校入試で同単元が出題されたとしたら、もう少し難しくなるだろうと思われます。

[5] 地震

これはもう典型的な形で、よく出る問題です。おそらくこれまでに問題集で何度も似たような問題に取り組んでいるのではないかなと思います。

[6] 熱分解

熱分解に関する問題が出題されています。酸化銀を熱したらどうなるかという問題です。問1では気体の収集法に関する問いが出題されています。

[7] 生命のつながり

ホウセンカの花粉を題材に、問3以降は減数分裂によってできた細胞を選択したり、被子植物の受精とはどのようなことなのかを「合体」問いう言葉を用いて記述させる問題が出題されています。

[8] 天気

これもよく出題される典型的な形の問題でした。天気記号の読み取りなど基礎的な問題も出題されていますから、しっかりと得点ゲットと行きたいところです。

[9] 電流と磁界

苦手とする生徒が多い、電流と磁界に関する問題で統一テストは終了となります。問3の(3)のように電流の向きを変えず、電流を強くして、磁石の極を入れ替えたら、コイルの回転の向きと速さはどうなるかといった問題もよく見る問題ですね。

以上が、平成27年度 第1回金沢市統一テストの理科の問題でした。ちなみに、全部で50問の小問の中で、いわゆる「記述問題」は11問。全体の約20%ほどとなっています。また、グラフをかいたり図を描いたりする問題は、4問出題されています。記述問題対策はもちろん必要ですが、各分野の基礎的・標準的な知識事項の抜けがないかを、統一テストの結果を踏まえて確認しておいてもらいたいと思います。