北陸学院高校

北陸学院高校入試【数学】傾向と対策

9d8ba-mainimage02

私立高校入試の出題傾向を詳しく分析していくシリーズ。昨日までに星稜高校・金沢高校の数学の傾向を分析してきました。今回は北陸学院高校の数学を分析していこうと思います。数年後には新校舎が完成する同校。人気も上昇しているようです。それでは早速見ていきましょう。

続きを読む

遅くなりましたが、北陸学院高校の募集要項です!

Unknown

2017年10月に新校舎が完成予定の北陸学院高校。その北陸学院高校の2016年度生徒募集要項が発表されています。

北陸学院高校には2つのコースがあります。

特別進学コースと総合進学コースです。

特別進学コースは、国公立大学や難関私立大学を目指す生徒を対象としたコースとなっています。また充実した推薦制度の利用が可能であることもこのコースの魅力の一つです。一例をあげますと、

同志社大学 12名

関西学院大学 16名

青山学院大学 6名

明治学院高校 5名

東洋英和女学院大学 3名

など、約100大学・約500名の指定校推薦枠があります。

総合進学コースは、推薦入試で全国の私立大学を受験する、北陸学院大学へ連携入学する、大学進学以外の選択をする人向けのコースです。

北陸学院高校ではこの両コース合計で200名を次年度入試で募集します。

入試制度は以下の通りです。

推薦入試と一般入試(一次・二次)の2つとなっています。

 

【推薦入試】

入試日:2016年1月9日(土)

出願期間:2016年1月5日〜7日

選抜方法:面接+書類審査

合格発表:1月13日(水)

推薦入試の出願資格は以下の通りです。

専願・併願とも、「本校の教育方針に賛同し、中学時代の学業成績が優秀かつ出席状況良好で…」といったものです。

学業成績が優秀といのは具体的に言うと、調査書の評定点数が、

特進 33点以上

総合 27点以上

ということなのだそうです。

その他、スポーツ推薦というものもあります。スポーツ推薦は、北陸学院高校が強化指定部としている「野球」「男子バスケット」「陸上」「女子テニス」を、高校入学後も頑張ってくれる生徒を対象としています。

推薦入試においては、「専願」の生徒のみ、以下の条件に該当する生徒は「優遇措置」を受けることができます。

① 中学3年間 皆勤賞

② 英検・数検・漢検 3級以上取得済み

③ 親族が北陸学院中・高校に在学または卒業している

④ キリスト教の教会に真面目に参加していること

※ちなみに、推薦入試に合格した生徒は、1月29日に実施される「一般入試」の学力試験を受験しなければなりません。大丈夫!点数が悪くても合格取り消しとかはありませんから!!

【一般入試(一次)】

入試日:2016年1月29日(金)

出願期間:2016年1月18日〜22日

選抜方法:学力試験+書類審査(調査書)

合格発表:2月4日(木)正午

昨年まで、一般入試は学力試験+面接+書類審査だったのですが、面接がなくなりました(一般入試の二次試験は面接廃止となっていません)。

なお、この一般入試に関しては、北陸学院高校から学力試験の結果に加えて、以下の観点を加味して総合的に合否判定を行う旨、好評されています。

① 中学3年間の出席状況・学習状況

② 中学時代の部活動、生徒会活動、ボランティア活動、習い事など熱心に取り組んでいること。海外での生活経験や留学経験

③ 英検・数検・漢検 3級以上を取得しているか

④ 親族が北陸学院中・高校に在学または卒業している

⑤ キリスト教の教会に真面目に参加していること

⑥ その他、特筆すべき才能・技能・長所があること

一般入試にも優遇制度はあり、「専願」の生徒には、学力検査の合計点に一律20点が加算されます。

 

以上、来年度の北陸学院高校の募集要項の簡単なご紹介でした!

 

 

【速報】北陸学院高校 2015年度 入試結果

9d8ba-mainimage02
(c) Hokuriku Gakuin (HPより転載)
北陸学院高校が2015年度高校入試の結果を発表しました!

今年は559人が受験して548人が合格したそうです。そのうち実際に入学したのが253人(男子65人、女子188人)とのことです。
さて入試での試験結果はどうだったのでしょうか。

ちなみに5科目で400点以上だった生徒は3年間授業料免除なんだそうです。
よく私立高校は授業料が高いから何としても公立高校で!と言っている人がいますけど、私立に上位合格してしまえば3年間分が無料になるんですよ!お得です。
合計936,000円を節約できる計算ですね。