算数

あと3ヶ月の勉強法ー算数・数学編ー

スクリーンショット 2015-10-25 17.52.21

あともう少しで11月です。2015年もあっという間に終わろうとしています。そして….、皆さんそろそろ気づいているでしょうか?入試までの日数が刻一刻と減っていることを…。

附属中であれば12月がテストですから、とっくの昔にテスト3ヶ月前をむかえ、あと1ヶ月ちょっとになっています。錦丘中や私立高校入試は1月に実施されますから、残り2ヶ月ちょっと。附属高校入試であれば2月に実施されるので、残りあと3ヶ月ちょっと。そしてそして、一番受験生の多い、公立高校入試までは残り4ヶ月ちょっととなったわけです。

受験勉強をすすめていくうえで、「残り3ヶ月ちょっと」というのは一つの節目となります。残された日数でどのように受験勉強をすすめていけばいいか。本日はそのヒントになるようなことをお伝えしようと思います。

今回想定している受験生は、もっとも人数の多い平均点付近の生徒です。

まず大前提としてあと3ヶ月のタイミングともなると、算数・数学が残り3ヶ月で劇的に成績アップすることはほとんどないということを確認しておきたいと思います。理科・社会はそれこそ極端な話、入試日の前日まで成績が上がることはあるかもしれませんが、算数・数学はそうではありません(これは国語や英語にも言えることです)。

したがって、この時期の勉強というのは「理科」「社会」が中心となっていなければなりません。そういう状態の中で、算数や数学の学習を行う目的は「メンテナンス」。この言葉に尽きると思います。特に平均点付近の人は、基本・標準レベルの問題の中で、過去に間違えた問題を中心とした「解き直し」を徹底していくといいと思います。

万が一、過去に自分がどの問題を間違えたのかが記録されていない(わからない)場合は、過去問何年か分(三年ほどでいいかなと思います)に取り組んでみてください。

このとき大切なのは、「丸つけの仕方」です。

一通り問題に取り組んだあと、すぐに丸つけをしてはいけません。

一通り問題に取り組んだうえで、自分なりの手応えをもとに、すべての問題の「予想◯×」を最初に記入します。

◯:絶対正解できている。もしくは正解できているだろうと思われる問題

△:たぶん正解できているだろうと思われるが、若干の不安を感じている問題

×:おそらく正解できていないだろうと思われる問題

このチェックをつけた後に、解答を見ながら◯、×をつけていってください。

復習しなければならないのは、

◯だと予想していたのに×

△だと予想していたのに×

だった問題です。これらの問題ができるようにしていけばいいのです。そしてこれらの類似問題を問題集で探して解いてみると、さらに練習に厚みをもたせることができます。

×だと予想していて×だった問題はどうすればよいか?

個人的には「捨ててしまってもいい」と思うのですが….、もし解答解説を見てもイマイチ理解できない問題は「捨てる」で良いと思います。この時期に、予想×で実際に×のような問題を、残された日数で◯にするのはかなり大変なことです。であるなら、すでに予想◯、△といったある程度手応えのある問題で不幸にも間違えてしまった問題を、確実に仕留めることを意識した方が懸命と言えるでしょう。

受験生活がある3ヶ月を切ったら、少し勉強のやり方の修正をしてみることも大切だと思いますよ。

算数は計算に始まり計算に終わる

41ANMDN4RZL._SX324_BO1,204,203,200_

本日は小学生のお勉強に関する記事です。

テーマは「算数」

算数の勉強というとどういった内容をイメージするでしょうか?苦手な子が多い文章題の問題?見るのもイヤと思う人さえいる図形の問題?いろいろだと思います。今のこの質問に対して「計算」を思い浮かべた人はどれくらいいるでしょうか?ほとんどいないと思います。

これは至極当然で、皆さんが取り組まなければならない問題の大半が、上記のような文章題、そして図形の問題だからです。実際の入試問題を見ても、計算問題はごく僅かで、残りはすべてこれらの問題で構成されています。

しかし実は大切なことがあります。これらの文章題や図形の問題も、解を得るために「計算」をしなければならないのです。仮に解き方がわかっていたとしても、正確に計算をして答えにたどり着けなければ×になってしまうのです。ですから「計算」を侮ってはいけないのです。

では、皆さんはこの「計算」にどのように取り組んでいるでしょうか?

毎日計算に取り組んでいますか?

中学受験を考えている方も、そうでない方も、「計算問題」は毎日必ず取り組む。これを決まりごとにすることをオススメいたします。そんなたくさんの問題に取り組む必要はありませんが、必ず毎日、時間を計って取り組む。計算を1日サボると3日分計算力が後退するなどと言われている通り、毎日取り組むことで計算力を強化することができます。これは中学受験生にとってマストなことなのだとご理解いただけるかと思います。非受験生にとっても、毎日必ず課題に取り組むことで、学習の習慣をしっかりと身につけることができます。この習慣ができているかできていないかは中学に入学後ものすごく大切になります。

想像してみてください。小学校時代ですら毎日勉強するという習慣がついていない子が、中学生になって毎日勉強に向かうことができるでしょうか?部活動もはじまって忙しくなるのに、ただでさえ習慣のない子が、毎日しっかりと学習に取り組めるわけがありません。だからこそ、小学校時代、それもできるだけ早い時期から、この毎日計算に取り組むという課題を与えてあげて欲しいと思います。

計算のみのテキストも市販されていますね。有名所で言うと「計算マスター」シリーズでしょうか。1日3問のみの構成で、1年間分がテキストになっているものです。こういった教材を用いて、毎日の計算トレーニングに取り組んでみるといいと思います。

 

なお、この計算マスターシリーズはちょっと難しいです。特に5年生以降は受験生でもキツイですし、分数のかけ算・わり算まで学習しておかないと解けません。1学年落として購入されるとよろしいかと思います。5年生ならば計算マスターシリーズの4年生といった具合です。中学受験をされる方でも、県内の中学校の入試問題の難易度を考慮すると、1学年落としでも大丈夫かなと思います。首都圏や関西圏の中学受験をされる方は、そのような事は言ってられません….。