第1回 石川県総合模試 試験結果【全体編】

第1回石川県総合模試の結果が返却されています。ザワナビでは、より詳細な結果分析を行っていくため、受験者の方からの試験結果の提供をお願いしております。詳細はこちらをご覧ください。特設ページから試験結果情報の提供をしていただくことも可能です。今回は第1回ですから、受験生もそこまで多くないため、あまり集まらないだろうとは思っていますが…、ご協力いただける方!お願いします。

さて、本日は石川県総合模試第1回の試験結果全体編として、その内容を整理していこうと思います。

試験結果


それでは発表された第1回石川県総合模試の試験結果をチェックしていきましょう。スクリーンショット 2016-07-22 17.44.21

模擬試験の試験結果の「どの指標」に注目するべきかは別記事でご確認していただくとして、ざくっと今回の試験結果をみていこうと思います。

まず差がつきやすい科目についてです。

今年度(2016)第1回石川県総合模試の結果にもとづくと、

英語 → 理科 → 社会 → 数学 → 国語

の順で差がつきやすくなっています。昨年度は、

英語 → 理科・社会 → 数学 → 国語

の順で差がつきやすかった、ということを踏まえると、全体的な傾向としは昨年と同じと考えておいて問題ないと思います。もちろん細かい数字をみると、差が出ていますが、それは同じ問題でなく、平均点も違いますのである意味当然だと思います。

夏休みがすでに始まっています。ある程度夏休みの学習計画をたてたうえで学習に取り組まれている受験生が大半だと思います。

今回の結果からもお分かりいただけるように、当面「英語」はもっとも差がつく科目だと考え、集中的に学習に取り組むと良いと思います。特に英語・数学・国語といった主要科目は、成績を引き上げるまでに時間がかかる科目として知られています。ぜひ、まとまった時間のとれるこの夏に、集中的に学習してもらえればと思います。

ある程度の英語力がある方は、「電話帳」を購入して取り組んでみると良いと思います。

電話帳はこちらから購入できますよ!

 

ザワナビではこれからしばらく、第1回石川県総合模試の結果を踏まえた記事をアップしていく予定です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です