「分かった!!」で終わらせている

「成績が思うように上がらない」「成績が良くない」。それには必ず原因があります。

そもそも勉強をやっていないのは論外として、やっているのに成績が上がっていない人は勉強法を改善することで成績が上がる可能性があります。そこで今回から成績が上がらない人に見られる効果が出ないく勉強法をご紹介していくシリーズを始めたいと思います。題して「だから成績が上がらない」!!

「分かった!」で勉強をやめてたら成績は上がらない!

 

勉強のステップは3ステップで構成されているのですが、成績がパッとしない人に限って2ステップで終わらせていることが多いのです。

STEP1  問題を解く

STEP2  間違えた問題の解答解説を読んで理解する。

ここで終わっている人が多いです。

解答解説を読み理解することで「分かった!」となる訳ですが、それで満足してしまうんですね。

そのとき「分かった!」となっても、次に同じ問題が出題された時に確実に「できる」ようになっているでしょうか?

よく言われることですが、

「分かる」と「できる」

は違うのです。

【広告】授業をしていない塾から金沢大附属高校に全員合格しました。1人は数学最高点だったそうです。合格にも授業は必要ありません。

 

「できる」ようになるための練習をしない限り、いつまでたっても「できる」ようにはなりません。この部分を勘違いしている人が多いです。勉強しているのになかなか成績が上がらない、勉強しているのに成績が悪い人は、ここがしっかりとできていない可能性大なのです。

では正しい学習法とはどういったものか?

それは次のような3ステップを繰り返すことにあります。

STEP1  問題を解く

STEP2  間違えた問題の解答解説を読んで理解する。

STEP3  間違えた問題を何も見ずにもう一度解き直す

少なくとも、問題に取り組んだその日は自力で正解できるようになった。その段階までいってから勉強を終了します。

ほんのちょっとの違いと思われるかもしれませんが、だいぶ大きな違いだと思っています。

成績を上げたい人は、ぜひこの学習法をお試しあれ。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*