中1入学後直ぐに実施されるテストの対策は必要か?

4月から中学校に入学される新中学1年生は入学後にテストを受験することになります。これは小学校内容の確認テストとなっています。このテスト対策しなければならないの?そんな声をよく耳にします。実際問題としてこのテスト対策必要なのでしょうか?本日はこの話題についてチョット…。

入学後のテスト対策は必要なし!

まず結論から申し上げると入学後の小学内容の確認テストのテスト対策は必要ありません。理由は2つあります。

  1. 成績に影響しない
  2. もう算数は勉強しない

以上です。

それよりも中学内容の先取り学習を行いましょう。

小学校の復習はしなくていいの?

そう思う方も少なくないと思いますが、復習はその都度確認すればいいというのがザワナビ の考え方です。

例えば算数の割合が苦手な新中学1年生がいたとします。

確かに割合は大切な学習内容で、中学入学後「文字式」という単元、さらには「方程式」という単元で再登場しますので、理解できていなければそれらの単元の学習ができません。

【広告】塾に行けばなんとかなると思っていませんか?!塾に通っているだけは意味がありません。結局あなたがやらなければ成績は上がりません。その当たり前をまず認識しましょう

ただそれはその単元の学習が始まってから行えば良いのです。

それよりも中学校内容の先取り学習を行いましょう。

当面の長期目標は中1夏休み明けの実力テスト!

このテスト結果が3年後の順位を占うと言われています。

しっかりと対策を行えるように、学び進めて行きましょう。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*