自分のWPMをちゃんとわかっていますか?

金沢市統一テストの英語に関する記事を前回書いたのですが、そこで中3生卒業時のの平均点な「WPM」を用いて、英文読解に要する時間を算出しました。

本日はこのWPMについて。

WPMとはWords Per Minute の略語で、1分間に何語読めるかを数値化したものです。

「読める」といっても、「英文を読むだけ」の「スピード」を表すのか、「英文を読んだうえで、問題が解けたか」という「読解力」を表すのかで大きく意味が異なってきます。受験生にとって重要なことは「読解力」ですよね。いくら速く読めても、その先の問題がすべて不正解であったら意味がありません。

高槻市教育センターではこのような視点から

WPM=1分間あたりに読めた語 × 正答率

と定義して取り扱うべきとしています。

さてそれでは中3生のWPMの平均値はいったいどれくらいなのか?

読むスピードだけのWPMであれば 60〜70WPMが平均値なのですが、読解力としてのWPMとなると

WPM=48〜56

となるそうです。

自分のWPMも一度算出してみてはいかがでしょうか?WPM計測はいたって簡単です。

例えば、電話帳から1つ入試問題をピックアップしてきて、

① その問題で聞かれる事(問題文)を読む

② タイマーを1分間にセットして、本文を読み始める。音がなったらそこでおしまい。

③ 本文をもう2度とみれないように、隠したうえで、問題をとく。

④ 答え表せをする。正答率を算出する。

⑤ 1分間で読めた語数を数える。

⑥ ④と⑤をかけあわせる。

そうするとWPMを算出することができます。

自分の英語力がついているかどうかを把握するためにも、定期的にWPMを測定してみるのもいいかもしれませんね(受験生に限らず)

 

ちなみにスピードだけのWPMの数値について、100語以上ですとかなりスピーディーに読めてると判断してOKです。200語以上となるとネイティブレベルなのだそうです

 

※上記は関西大学外国語学部教授 田尻悟郎 先生のサイトを参照しています。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>合格・成績アップの最短ルートを教えます !!

合格・成績アップの最短ルートを教えます !!

無料体験・受講相談は随時受付中 お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG