第一志望校は変えないのが【鉄則】

先日実施された第2回金沢市統一テストの結果返却が行われていることと思います。ザワナビ編集部はまだ問題を入手できておらず…..(涙&汗

入手出来しだい分析記事等をアップしていこうと思います。この第2回金沢市統一テストの結果ならびに第1回の結果、そして模擬試験の結果を踏まえて最終的な志望校を決定していくことになります。この時の【鉄則】。それが「第一志望校は変えない」なのです。

今志望校を変えてはいけない理由

現時点で第一志望校がはっきりとしていないという受験生はいないはずです。夏休み明け頃から、志望校がはっきりとしたものとなり、第1回金沢市統一テストの結果を踏まえて、より現実的に自分の現状を捉え、冬休みも頑張ってきたという受験生が大半でしょう。確かに、この時期は重要な指標が出揃う事もあり、志望校の最終決定の時期と考えられてはいます。が、あえて申し上げると、1月の現時点は、受験直前期ではありますが、第一志望校を変更する時期ではないと思います。

確かに、各種試験結果が出揃い、思うように成績が伸びていなかったりすると、不安が募ると思います。焦りも出てくると思います。そのような中で、第一志望校が揺らいでしまうというのもわからなくはありません。しかし、この時期まで来たのですから、最初に決めていた第一志望校は買えないのが鉄則です。なぜなら、その第一志望校に合格するという目標達成のために、これまで頑張ってきたわけですから。ここで志望校を変えてしまうと、一気に勉強に対する目標・目的を見失ってしまい、モチベーションがドーンと下がってしまい、第一志望校どころか、志望校変更した第二志望校も結果的に不合格になってしまったという笑えない状況になってしまう可能性すらあります。ですから、本当にギリギリのタイミングまでは、あきらめずに第一志望校合格に向けて頑張ってもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です