過去問偏重の学習になっていないか?!

入試が近づいてきました。残された日数はそこまで多くありません。その中で、いかに成績を効率よく上げていくか。あれもこれも手を出す時間がない以上、これまで蓄積された自分の「×」に徹底的に向き合うことが大切です。入試が近くなってきたら、インプットではなくアウトプット中心の学習を行い、今ある知識で、いかに1点でも多く点数を取るかといった点を考えて学習を行う必要があります。またこの時期は過去問に取り組む人も多いでしょう。よく過去問10年分解いた!といった受験生もいますが….

【広告】スクリーンショット 2017-08-11 18.25.07中3生 金沢市統一テスト 市内1位獲得!! 石川県総合模試でも県内1順位獲得!! 授業は受けるだけ無駄!!が証明されています。

続きを読む

【続】数学は暗記科目だ?!

先日、数学は「暗記科目」であると考えた場合の勉強法をお伝えする記事を書きました。まだご覧になっていない方はまずこちらからその記事をご確認ください。京大式カードで、間違えた問題がたくさんストックされてきた後の学習の仕方について、続編として記事をアップしようと思います。

続きを読む

なんで塾では塾用の教材を使うの ?! の不思議

塾に通うと塾の授業を受講する用にテキストを購入しますね。これらは大きく分けて、

・オリジナル教材

・塾用教材

となります。オリジナル教材は各塾のノウハウが凝縮されたものと、表紙だけオリジナルなものとがあります。首都圏・関西圏の中学受験のように、学校の学習内容とはまったく乖離した内容を学習しなければならない場合、オリジナル教材であることの重要性は高いですが、県内の場合は、別にオリジナル教材でなくてもすべての入試に対応できます。

続きを読む

子供が塾に行きたいと言ったら危険かも ?!

「塾に行きたい」

我が子がそう言ってきたら、どんな気持ちになるでしょうか ?!

学習に対するその前向きな姿勢にうれしさを感じ、後押しをしてあげようと思う保護者の方が大半だと思います。

しかし子供が「塾に行きたい」といった言葉をそのまま信じるのは危険です。

続きを読む

授業を受けても成績は上がらない

みなさんは学校で年間1,000時間もの授業を受けています。

それだけの授業を受けているにもかかわらず成績が悪い人。

そういう人に限って、現状をなんとかしようとして、塾に行ったり家庭教師をつけたりします。

そして塾の先生(家庭教師)の授業を受ける。

また授業ですか…。

学校で同じ授業を聞いているのに、成績が良い人と悪い人が生まれているということは、授業を受けることと成績は関係がないはずです。それなのにわざわざお金を追加で支払って塾で授業を受ける。

「いや、学校の先生より塾の先生の方がわかりやすいから」

そんな声も聞こえてきそうですが、それこそテレビでよくみる某有名予備校の先生の授業を受けても全員が東大に合格してないわけですから…。

成績を本当に上げたい人は次のことを理解する必要があります。

「授業で成績は上がらない」

続きを読む