口コミを信じて塾を選ぶ愚か者

学習塾選びはとても大変な作業です。塾での学習効果の見極めには一定程度の時間が必要となるため、一度塾を決めると、そう簡単に変更ができません。だからこそ、保護者の方はどうしても塾選びには慎重になってしまいます。

そんな塾選びで重視されているのが「口コミ」。

「◯◯ 君があの塾に通って良いっていってたわ」

「◯◯さんがあの塾に通って成績上がったらしいわよ」

このような評判を耳にすると、その塾がちょっとよく見えてきます。同じ塾に通わせば、うちの子も何とか現状を打破できるんじゃないか、そう思う気持ちは分かります。

しかし、安易にその「口コミ」だけを鵜呑みにして、塾を選んだとしたら、それは相当愚かな行為であったと思った方が良いでしょう。

なぜか ?!

口コミの主人公は誰ですか ?!

◯◯君、◯◯さん

彼らは我が子ではないはずです。

他の子にとって良かったからといって、我が子にも良いとは限りません

少し考えれば分かるはずです。

それなのに、半ば思考停止した人のように、「口コミが良いからこの塾に」とか、「合格実績が良いからこの塾に」入れようと考えている人が未だに少なくないことを耳にすると残念でなりません。

例えば、「我が子の成績が悪く何とかしよう」と思っているとしましょう。

その時本来やるべきことは、その原因を考えてやることです。

「勉強をしているのに成績が悪い」

「勉強をまったくやらず成績が悪い」

極端な例ですが、「成績が悪い」と言っても、その原因は人によって異なります。

【広告】授業をしていない塾から金沢大附属高校に全員合格しました。1人は数学最高点だったそうです。合格にも授業は必要ありません。

まずはその原因を考えたうえで、塾に通う必要性が本当にあるのかといった点を熟考するべきだと思います。

塾に通う生徒の8割が成績アップを実感できていない」という調査結果があります。

5人中4人が成績アップを実感できていないというのが現実です。換言するなら、5人4人は塾選びに失敗したとも言えるかもしれません。

あなたがそうならないためにも、しっかりと考え、塾を見極める視点を身につけて、学習塾選びをしてもらいたいと思います。

「本気の塾選び」シリーズは、この「視点」をお伝えするシリーズとなっています。

ぜひ参考にしていただければと思います。

次回は、「子供が塾に行きたいと言ったら危険かも ?! 」です。

 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です