【最新版】2017年度石川県公立高校入試結果

2017年3月に実施された石川県公立高校入試の結果が石川県教育委員会より発表されました。本日はその結果をお伝えし、ザワナビが今年実施した志望校合否追跡調査をもとに、各高校の合格ラインを趣味レーションしてみようと思います。

【広告】授業をいくら受けても成績は上がりません。授業を受けた自学自習こそ成績アップの最重要ポイント。ザワナビはその自学自習を徹底管理する新しいスタイルの学習塾です。

平均点は若干上昇したものの例年並

まずは2017年の石川県公立高校入試の合格者平均点を確認しましょう。

スクリーンショット 2017-04-25 19.53.41

国語・数学・英語の主要科目の平均点が前年度と比較して上昇した一方で、社会は昨年と同じ、理科は昨年以下の平均点となっています。合格者の平均点も昨年にくらべて4点ほど上昇しています。

ちなみに公表されているデータは、合格者平均点であり、不合格者の点数は含まれていないことに注意をする必要があります。

過去8年分の平均点をまとめたものが以下の表です。

スクリーンショット 2017-04-25 19.51.18

この8年間の各科目の平均点は、英語 52.7点、数学 48.2点、国語 54.6点、理科 51点、社会 50.1 点、合計256.5点ですので、結果的には例年通りだったと言っていいと思われます。

得点の分布状況を2015〜2017年度の3年間分グラフ化したものが、下のグラフです。

スクリーンショット 2017-04-25 19.51.33

公表されているデータでは、450点以上の割合は0%となっていますが、過去の教育委員会会議の議事録では、0%となっていても、少なからず450点以上の生徒はいるという説明が記載されていますので、おそらく今年もそうだっただのだろうと思われます。

今年は昨年度入試と比較して、400点〜449点、350点〜399点の割合が増加しています。

ちなみに今年の受験者数は8,063人、合格者数は6,856人でしたので、公表されている分布割合をもとに、それぞれの範囲の人数分布を簡単に計算してみます。

スクリーンショット 2017-04-25 20.16.54

 

志望校別のボーダーラインは ?!

さて気になる今年度の予想ボーダーラインですが、過去の蓄積データと先日ザワナビが実施した合否追跡調査をもとにまとめてみようと思います。参考値としてご活用ください。

スクリーンショット 2017-04-25 20.39.47

ボーダーラインとはその名の通り、この付近が合否の分かれ目となるであろう予測点数です。合格有望ラインとは、この点数より上の点数をとっていれば、よほどの事がない限り、不合格にはならないだろうと思われる予測点数です。

 

 

コメント

  1. […] 【最新版】2017年度石川県公立高校入試結果2017年3月に実施された石川県公立高校入試の結果が石川県教育委員会より発表されました。本日はその結果をお伝えし、ザワナビが今年実施した志望校合否追跡調査をもとに、各高校の合格ラインを趣味レーションしてみようと思います。zawanabi.net […]