石川県公立高校入試にも波及するか!? 東京都教育委員会が2021年入試の出題範囲縮小を発表

6月11日東京都教育委員会が、「中学校等の臨時休業の実施等を踏まえた令和3年度東京都立高等学校入学者選抜等における配慮事項について」というリリースを発表しました。

これはコロナウイルス感染拡大防止による学校の休校が長期間に渡ったことを踏まえ、今年度入試について例年とは異なる対応をすることが決定したことを意味します。一部新聞等でも報道され、その一部が印象的に紹介されていますが、全体像がしっかりと報道されていないため、改めて今回の東京都教育委員会の発表内容を整理しようと思います。

この流れは、石川県の公立高校入試にも影響を及ぼす可能性がありますので、受験生は必読です。

2021年 東京都立高校 文化・スポーツ等特別推薦入試の変更点

コロナウイルス の影響で、文化・スポーツ関係の行事・大会・資格・検定試験等が中止、延期または規模縮小されることを考慮し、文化・スポーツ等による特別推薦では、出願に関わる「推薦の基準」に、

・大会の実績
・資格・検定試験等の成績に関わる内容

これらを含めないこととし、さらに「実績等を証明する書類等の写し」の提出も必要なくなります。

実際の選考は、実施要綱にしたがって、実技試験等で行います。

2021年 東京都立高校 学力入試の変更点

多くの人が受験することになる学力検査(いわゆる学力入試)については、出題範囲が以下のように設定されるそうです。

・中学1・2年生の学習内容全部
中学3年生の学習内容のうち、おおむね7ヶ月程度で学習可能な分量

以上から、各教科以下の範囲がテスト範囲から削除されることなります。

 

教科 削除される出題範囲
国語 中学3年生の教科書で学習する漢字
数学 「三平方の定理」「標本調査」
英語 関係代名詞のうち、主格のthat、which、who及び目的格のthat、whichiの制限用法(同様の働きをもつ接触節)
社会 「私たちと経済」の「国民の生活と政府の役割」、「私たちと国際社会の諸課題」
理科 第1分野
「運動とエネルギー」の「力学的エネルギー」、「科学技術と人間」
第2分野
「地球と宇宙」の「太陽系と恒星」、「自然と人間」

2021年 石川県公立高校入試にも同様の影響はあるのか?

現時点では東京都立高校入試と同様の措置が取られるかどうかは不明です。

仮に同様の措置が取られると、例えば数学であれば石川県公立高校入試名物の空間図形の応用問題等が出題することができなくなることになります。

となるとこれまで大問扱いだった立体図形が引き続き大問扱いになるのか?なるとしたら難易度調整は他の分野の問題でなされるのか? そうであればどの分野が難化するのか? はたまた、立体図形が大問扱いされないとしたら、小問集合の一つになるのか?その変わりに平面図形の問題を増やすのか?

などなど、仮に東京都立高校入試と同様の措置が取られた場合は、例年とは異なる可能性を十分考慮した受験対策を残された時間でやらなければならなくなり、例年以上に厳しい入試となりそうです。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>合格・成績アップの最短ルートを教えます !!

合格・成績アップの最短ルートを教えます !!

無料体験・受講相談は随時受付中 お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG