附属高校入試【推薦】に関わる噂エトセトラ

教育NEWS

2月2日。本当に年が明けてからはあっという間ですよね。

明日は尾山台高校・遊学館高校の合格発表、明後日は、北陸学院高校・星稜高校・金沢高校・金沢学院高校の合格発表。そして、金沢大附属高校推薦入試の合否通知が届く日ですね。この推薦入試の合否通知についてはいろいろな噂がありますよね。ということで、この合否通知に関する噂をいくつかご紹介していきましょう。

噂を信じちゃいけないよ

毎年金沢大附属高校推薦入試の合否通知に関しては、本当に?!といった噂が蔓延します。その典型が、

 

合格の生徒には午前〜午後の早い時間に通知が届く。不合格の生徒は夕方以降に届く

というものです。

その理由というのも、少しもっともらしいのですね。

まずは合格者に対して、合格通知、必要書類を用意し、送付準備を行い、その後、不合格者に対して不合格通知と一般入試の受験票の送付を行うから。

というのが、一番よく耳にしますね。

まず、結論からお伝えすると、これは噂です。実際、夕方以降に合格通知が来た方は多数いらっしゃいます。こういった噂を信じて、1日をやきもきした思い出過ごさないようにしてもらえればと思います。

そもそも、附属高校入試における推薦、特に附属中学校内部生のにとっての「推薦」は「宝くじ」のようなものだと説明を受けることが多いのではないでしょうか?!

例年、「え?!あの子が不合格だったの?」といった番狂わせが必ず起きていると耳にした方も少なくないでしょう。仮に、そのお子さんが優秀であったにもかかわらず、不合格だったとしたら、まさに「番狂わせ」だと思いますが、逆に言えば、そういうお子さんは、一般入試で合格することができるわけですので、別に推薦がダメだったとしてもたいして気にする必要はないのです。

「宝くじに当たると思っていたのにハズレてしまった….」

って、たぶん購入した人の大半が同じような経験をすると思いますが、決してそれは珍しいことではありません。

附属高校入試の推薦についても、「宝くじ」のようなものだと考えているなら、例えば不合格であっても、「あ、ハズレたか」程度に受け止め、後日の一般入試に自信を持って臨んでいただければと思います。

明後日は、上記の噂でモヤモヤした思いをする方が少なからずいるのではないかと思い、こういった記事をアップしてみました。

 

コメント