有名難関私大に強い県内の高校ランキング

さて本日も先日発売された月刊北國アクタス「全国主要100大学高校別合格者数」で掲載されているデータをもとに記事をアップしていこうと思います。今回は「有名難関私大に強い高校ランキング」です!石川県はどちらかというと、国公立志向が強いですが、就職などを考えると、有名私大への進学というのも一つの選択肢としては有益です。今回は関東・関西の有名私大の合格者数から、有名難関私大に強い高校ランキングを作成してみようと思います。

対象となる大学

まずは対象となる大学を定義します。色々なご意見はあると思いますが、今も昔も変わらず人気が高く、難関大と言われている14大学を有名難関私大ということにしたいと思います。対象となるのは以下の大学です。

早稲田・慶應・上智・東京理科大

学習院・明治・青山学院・立教・中央・法政

関西・関西学院・立命館・同志社

それではこれらの大学への高校別の合格者数を集計し、卒業生数で割ることにより、各高校の有名難関私大への合格力を算出し、ランキング形式でご紹介していこうと思います。

まずは高校別に各大学の合格者数と合格力を集計したものがこちらです。

スクリーンショット 2016-05-22 14.49.53

これをもとに、有名難関大学への合格力ランキングベスト10をご紹介いたします。

1位 附属高校 合格力 0.95

2位 二水高校 合格力 0.71

3位 小松高校 合格力 0.65

4位 泉丘高校 合格力 0.64

5位 七尾高校 合格力 0.41

6位 桜丘高校 合格力 0.34

7位 星稜高校 合格力 0.32

8位 錦丘高校 合格力 0.30

9位 小松明峰高校 合格力 0.16

10位 金沢高校 合格力 0.14

このようになります。附属高校が圧倒的に有名難関私大に合格しているという結果になりました。そして次に続くのが、二水高校、そしてほぼ同じ合格力となっている小松・泉丘高校が続く形です。1位〜4位と5位以下には、一つ目の壁があります。5位の七尾高校からは合格力が一気に下がります。さらに8位の錦丘高校以下でもう一つの壁があります。9位以降もがくんと合格力が下がります。

高校受験生にとっては、志望校選択をする上で重要となる大学合格実績。中3生ともなれば、ある程度将来のことを考えたりしているはずです。もし、都会で就職してバリバリ働こう!と思っているのでしたら、これらの有名難関私大は就職にも強いですから、将来的な進学先として候補になる可能性が高いです。そうなると、これらの大学に強い高校というのは、高校選択において判断材料の一つとなると思います。

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です