四谷大塚 全国統一小学生 テスト ってなんぞや??!

「全国統一小学生テスト」

最近TV-CMもよく流れているので、この名を耳にされた方も少なくないと思います。毎年実施されているこのテスト。今年は6月5日に実施されます。石川県内には全部で17会場が設けられ、実施されるようです。

この模擬試験の名前から、全国の小学生が受験して知力を競う試験なのだと思っている方は少なくないと思います。そして全国と比較した成績・評価を知ることができると考えている人も少なくないでしょう。保護者の方の中には、目先の中学受験や高校受験だけでなく、大学受験も視野に入れてお子様の学習に接している方も珍しくありません。このテストの結果を受けて、このまま行けば◯◯大学あたりは狙えるかなといったことを考えている方もいるかもしれません。

ただ1点気をつけなければならないことがあるんです!
特に県内に住む方が勘違いしてしまうポイントを今回はご紹介しましょう!!

そもそも四谷大塚って?!

四谷大塚という学習塾の名前をご存知の方も少なくないでしょう。かなり歴史のある学習塾です。昭和29年、今から約60年ほど前に設立された中学受験専門の学習塾です。「予習シリーズ」というテキストが非常に有名で、県内でもこの予習シリーズを使用した授業を行う「四谷大塚NET」加盟塾が3つほどあります。歴史もあり長年中学受験に携わっているそんな四谷大塚が実施しているのが、この「全国統一小学生テスト」です。
首都圏の中学受験界では、この四谷大塚以外にも有名な学習塾があります。代表的な学習塾と、有名中学校への今年の合格実績を簡単にまとめてみます。
スクリーンショット 2016-05-13 15.43.32
この表では、首都圏の超難関中学校への塾別の合格実績をまとめています。実は、超難関中学校へは、四谷大塚ではなくSAPIXという塾がダントツの強さを誇っているのです。あとは各中学校によっては、日能研という塾や早稲田アカデミーという塾が、四谷大塚よりも合格者数が多いということもあります。
この中で例えばSAPIXに通う小学6年生は、全国統一小学生テストの日に、志望校判定サピックスオープンというテストを受験しています。つまり、成績上位層のかなりのボリュームが、そもそも全国統一小学生テストを受験することができないのです。
ですから、このテストで上位だったとしても、その上にはまだたくさんのツワモノがゴロゴロいるという風に考える必要があります(これが注意点です)。
ただし、小学5年生までは、SAPIXに通っている生徒の中には、腕試しで受験する生徒もいるようです。
意欲のある小学生は、ぜひ全国統一小学生テストに挑戦してみてほしいと思います。ただし今回ご紹介したことを踏まえて、結果を評価してもらえればと思います。やはりこのテストは、「点数がどうだった」とか「順位が、偏差値がどうだ」っといった「結果」ではなく、誤答分析にもとづき、自分が現時点で解決しておくべき課題を発見するための「きっかけづくりテスト」だというこふ風に考えておいた方が良いのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です