「 まとめノート作り 」は時間の無駄

「だから成績が上がらない」シリーズの記事を久しぶりにアップしてみようと思います。

今回のテーマは「まとめノート作り」について。

「まとめノート作り」は時間の無駄

信じられないことに、学校の先生の中にも「まとめノート」を作るよう指示する人がいますが、「まとめノート作り」は時間の無駄です。

「まとめノート」が作られる科目で多いのが社会と理科です。「まとめノート」を作っている人たちは学習内容を整理して、しっかりと覚えていくことを目的として「まとめノート」を作っています。

しかしここで考えて欲しいのは、「まとめノート」を作成している間、学習の目的である「覚える」という作業に一切取り組めていない点です。

1時間、2時間かけて綺麗な「まとめノート」を作ったとしても、この過程で「覚える」作業はしていないので、「まとめノート」を作成してから、「覚える」作業をプラスして行わなければなりません。

だったら、その「まとめノート」を作っていた時間で「覚える」作業してしまった方が効率的だと思いませんか?

というか、出版されている問題集や参考書には、その単元の内容がすでに「まとめ」てあるはずです。プロ中のプロが作成している「まとめ」がすでにある中で、自分なりの「まとめ」を作る意味がどれだけあると言えるでしょうか?

 

「まとめノート」を作れば達成感や満足感を一時的に得ることはできるでしょう。特にカラフルな「まとめノート」を作ることができていたなら満足度も計り知れないでしょう。

 

しかし、そんな満足感よりも、「テストで良い点数を取れた」という満足感の方がよっぽど気持ちいいのではないでしょうか?

 

繰り返しになりますが、少なくとも「まとめノート」を作っている間は点数に直結する勉強ができていません。あなたがやるべきは「点数」に直結する勉強のはずです。

 

教科書を熟読し、問題集のまとめを見ながら知識事項を整理しつつ、問題をどんどん解いて、間違えた問題はその都度知識事項の確認を行う。

「まとめノート」にかける2時間と、この勉強法の2時間、どちらが効果があるかは言わずもがなです。

 

ちなみに、成績が良い子で「まとめノート」作っている生徒を見たことありません(学校で作れと指示されている場合を除く)。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*