第6回 石川県総合模試 試験結果から考える

スクリーンショット 2016-01-22 18.36.19

先日行われた第6回石川県総合模試の結果が返却されているようです。本日はその結果を取り上げていこうと思います。

全体編

本日は試験結果の全体的な内容を整理していこうと思います。今回の模擬試験は前回よりも受験者が123名減ったものの、4908名が受験するという県下最大の模擬試験でした。平均点・標準偏差・最高点をまとめると次のようになります。スクリーンショット 2016-01-22 18.36.19

続いて志望校別の第一志望者の人数です。

スクリーンショット 2016-01-22 18.36.29

前回と比べて受験者総数が減っているため、第1志望者の人数が減っている学校が少なくありません。ちなみに前回と比較すると、受験者総数は約2.5%減少しているわけですが、今回第1志望者の人数を減らした学校ごとの増減を割合で整理してみると、

附属 約10%減少

泉丘 約2.3%減少

二水 約3.8%減少

桜丘 約6.8%減少

錦丘 約7.4%減少

西  約2.2%減少

野々市明倫 約0.7%減少

金沢市立工業 約3.1%減少

県立工業 約5.1%減少

金沢商業 約6.5%減少

となります。

続いて、偏差値と点数の換算表、さらに合格可能性80%ラインと50%ラインを併記したものをご紹介いたします。

スクリーンショット 2016-01-22 18.53.42

スクリーンショット 2016-01-22 18.53.48

なお、こちらはPDF版も作成しておきましたので、ダウンロードして印刷することも可能です!

第6回 石川県総合模試 偏差値・点数・ボーダーライン一覧

 

本日は、第6回石川県総合模試の試験結果の全体的な部分を取り上げましたが、各志望校ごとの詳しい記事は明日以降にアップしていきます。また統一テストの分析記事もアップしていきますので、お楽しみに!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*