京都大学前期日程 高校別合格者数

志望校決定においては、大学の合格実績は一つの重要な指標となります。特に有名大学と言われている大学への合格実績は、進学校を志望されている方にとっては重要な指標となります。

本日の新聞報道にもありましたが、京都大学前期日程の合格発表があったようです。石川県の高校からはどれぐらいの合格者が登場したのでしょうか?!

注目すべきは「現役合格」

本日付の北國新聞の記事によると、京都大学前期の入試合格者数は次の通りです。

  1. 泉丘       15人(現役6人)
  2. 金沢大附属     7人(現役3人)
  3. 小松                  5人(現役4人)
  4. 二水                  3人(現役3人)
  5. 桜丘                  1人(現役1人)
  6. 錦丘                  1人(現役1人)
  7. 七尾                   1人(現役1人)

合格者総数は33人となっております。

合格者の「数」で注目すべきは「現役合格者数」です。浪人生は予備校での指導を受けているため、純粋に高校の指導成果とは言えないからです。それでは「割合」を見てみましょう。この学年の生徒数から、京都大学への合格率を算出してみましょう。

泉丘 定員400名 → 合格率1.5%

附属 定員120名 → 合格率2.5%

小松 定員320名 → 合格率1.25%

二水 定員400名 → 合格率0.75%

桜丘 定員360名 → 合格率0.27%

錦丘 定員320名 → 合格率0.31%

七尾 定員240名 → 合格率0.42%

このようになります。すると、ランキングが変わってきますね。

  1.  附属
  2. 泉丘
  3. 小松
  4. 二水
  5. 七尾
  6. 錦丘
  7. 桜丘

ほほー。附属高校がトップのようです。

後期日程もありますから、また合格状況が分かり次第分析してみようと思います。

最新情報をチェックしよう!