錦丘中学校

【2016年度】錦丘中学校入試結果

スクリーンショット 2016-04-30 18.10.06

先日から今年度の公立高校入試の結果を速報としてお伝えしてきていました。実は先日発表された資料では、錦丘中学校の入試選抜結果についても資料が公表されています。

本日は、錦丘中学校の今年の選抜結果をご紹介していこうと思います。

続きを読む

小4 【中学受験者】今月の学習テーマ(算数編)

51+6x-vxm-L._SX350_BO1,204,203,200_

金沢大学附属中学校合格への道のシリーズとして、中学受験をお考えの小学4年生向けに、今月の学習内容と目標の参考例をご紹介していきます。附属中学校はもちろん、錦丘中学校受験予定者の方も、そして、附属小学校に在籍されていて、中学受験相当のレベルの問題に取り組んでみたいと思っている方も、ぜひぜひ今月の学習の参考にされてみてください。

続きを読む

中学入試における面接について

l_263

 

いよいよ今年の県内の入試が始まろうとしています。金沢大附属中学校入試まであと20日となりました。今回は金沢大附属中学校入試でも実施される「面接試験」について簡単に記事にしてみようと思います。

附属中学校だけでなく錦丘中学校、星稜中学校、北陸学院中学校でも面接が実施されていることからわかるとおり、県内の中学入試における入学者選抜においては、学力検査の結果だけでなくその人物自身の評価も重視しているということなのだと思います。ただし、受験するのは小学6年生です。下手な小細工をするのではなく、ありのままの姿でしっかりと臨むのが一番だとは思います。そうは言ってもどういった点に注意しなければならなないのかは気になると思います。そこで幾つかのポイントをまとめておこうと思います。 続きを読む

錦丘中学校の願書配布が始まりました!

51qDtGLBc5L._SX350_BO1,204,203,200_

平成28年度 金沢市立錦丘中学校の入学願書配布が開始されました。

入学願書の入手法を簡単にまとめておきます。

・錦丘中学校 に取りに行く

・石川県教育委員会の各事務所に取りに行く

錦丘中学校での願書配布は、平日のみで朝8時30分〜16時30分までが受付時間となっています。

石川県教育委員会の各事務所についても、平日のみの受付となっています。各事務所は以下の通りです。

・石川県教育委員会事務局 学校指導課(県庁17階)

・石川県教育委員会金沢教育事務所(平和町庁舎3階)

・石川県教育委員会小松教育事務所

・石川県教育委員会中能登教育事務所

・石川県教育委員会奥能登教育事務所

入試日程は以前にも記事にしましたが、簡単にご紹介しておきます。

【出願期間】2016年1月12日〜1月15日

【試験日】2016年1月24日

【合格発表】2016年2月1日

試験日まであと83日ですね!受験される方は頑張って合格を勝ち取ってもらえればと思います。

よろしければ、以下の「錦丘中学校」関連の記事もぜひ目を通してみてくださいね。

平成27年度 錦丘中学校 適性検査 出題内容分析

錦丘中学校の入試はこう変わる!

2015年度 錦丘中学校 入試結果もどうぞ!

錦丘中学校 今年度の入試は1月24日に決定!

 

なお、今回の願書配布についての公式の案内はこちらからダウンロードできます。

錦丘中学校の過去問もだいぶ売切ているようです。アマゾンでも在庫1点となっていました。受験生でまだ購入されていない方は急いでご購入ください。

 

H27年度 錦丘中学校 適性検査 出題内容分析

IMG_0409

錦丘中学校の入試問題をご用意していただいた上で、以下の記事をご覧いただけると幸いでございます。

錦丘中学校の入試問題はこちらからご購入いただけます。

 

錦丘中学校の適性検査の問題は例年大問4つで構成されています。それぞれの大問が「国語」「算数」「社会」「理科」の内容を問うものとなっています。公立一貫校の入試というと、通常の学力試験とは異なり、その特殊な出題形式がよく取り沙汰されます。錦丘中学校の適性検査も、通常の学力試験の出題形式と確かに異なる部分はあるのですが、聞かれていること自体は実際の教科テストと大差ないものが少なくありません。

それでは平成27年度入試の適性検査問題を詳しく見ていきましょう。

[1] 国語系の問題

問題1  漢字 各2点×2=4点 (上手・知識)

問題2 指示語 4点 「それ」の指す内容の抜き出し

問題3 同内容抜き出し 5点 25字以上30字以内

問題4 会話文を読んで、自分で質問を考える問題 4点 15字以上20字以内

問題5 資料2を踏まえて資料1から適語抜き出し 5点 16字

問題6 要点まとめ 8点 100字以上120字以内

問題6の要約問題では、3つの条件が設定されていますので、その条件に沿って要約を書く必要があります。

[2]算数系の問題

問題1 割合の文章題 4点

問題2 単位量あたりの大きさ 4点

問題3 (1) 平均 2点 (2) 割合の文章題 4点

問題4 消去算 6点

問題5 面積 5点

問題6 速さ 5点

[3]社会系の問題

問題1 米作りに関する問題

(1) 4点 白地図の問題(県名を答える問題)

(2) 6点 記述問題 (きらら397が北海道だとわかっていればすぐわかる)

問題2 資料の読み取りから、学習問題を作る問題 5点

資料3 10aあたりの米を収穫するための労働時間の変化が減ってきている

資料4 10aあたりの米の収穫量は増えている

問題に対する予想 地域で共同作業を行ったり、品種改良した米を栽培したりして、限られた時間の中で収穫量が増えるような工夫をしてきているのではないか。

問題3 歴史の問題 5点

「百姓の生活の心得」というおふれ書きを出した理由を資料をもとに記述する

[4] 理科系の問題

問題1 かん電池と光電池

(1) 3点 作図 かん電池とモーターをつなぐ

(2) 3点 模型自動車の特徴から、できるだけ速く走らせる方法を考える

問題2 ものの溶け方 7点

問題3 植物 7点

種子の数・発芽する割合・種子の重さ・葉に関する資料を踏まえて、「セイヨウタンポポ」「カンサイタンポポ」のどちらが学校周辺で多く見かけるのかを考える。

 

このようになっています。

教科ごとの配点ですが、

国語 30点 算数 30点 社会 20点 理科 20点

となっています。

例えば算数系の問題を見てもらばわかりますが、すべての問題はどこかの問題集にあるような問題ですよね。未知の事柄に対して、自分の知識を組み合わせて一から考えなければならないような問題はほとんどなく、資料を読み取って考える問題が多いです。

このような出題形式についつい目がいってしまいますが、まずはしっかりとした知識事項の習得が必要です。最低限の知識事項を学習したうえで、こういった適性検査の形式対策をしていってもらえればと思います。

 

 

金沢大附属中学校受験についてちょっと考える ①

94088931

ちょっとだけか!とツッコミをいただきそうですが…。

どうしても高校受験関連の記事が多くなってしまいますので、たまには中学受験関連の記事もアップしてみようと思います。

今回のテーマは「金沢大附属中学校受験」について。

第1回目の本日は、そもそも中学受験をする必要があるかどうかということ。

首都圏・関西圏と異なり、金沢市の中学受験はあくまでも一部の人が受験する特殊なものという位置付けです。その中で絶大な人気を誇るのが「金沢大附属中学校」と「錦丘中学校」の2校なわけです。

ではこの2中学校の魅力は何なのか?!これ意外とストレートに答えられる人って少ないのではないでしょうか。特に附属中学校を受験する方はどうでしょう?錦丘中学校であれば、中高一貫校ですから、高校受験をしなくていいという明白なメリットがありますが、金沢大附属中に入学するメリットって何なのでしょうか?

中高一貫校ではありませんから、頑張って中学受験の難関を突破し合格したとしても、またさらに3年後に篩にかけられます。確かに附属高校への進学は、他中学校から受験することを考えれば有利ではありますが、そもそも附属高校自体の人気が落ちている昨今、附属高校への進学に有利であるということが、どれほどのメリットを持つのかはわかりません(ま、附属中学校を受験される方の多くは、附属高校に対する評価度合いが高い方が多いのですけど…)。

それでも金沢大附属中学校を受験するメリット。やはりそれは「環境」ではないでしょうか。

金沢大附属中学校には、附属小学校からの進級組も進学します。附属小学校の生徒たちは、教育熱心な家庭に育った子供が多いですし、市内の名士のご子息である事も少なくありません。彼らと同じコミュニティーで過ごすことは、目先の高校受験や大学受験ではなく、その先の人生において、有益なものとなるかもしれません。また教育熱心であるということにも関係しますが、「勉強」をすることが当たり前の雰囲気であること、先生が生徒に要求する水準が高いことなど、附属中全体の「環境」が、子供自身をより成長させ得るものなっていると考えることもできます。

このような「環境」は、一人でいくら頑張っても作れるものではなく、「環境」を手にいれるために「中学受験をする」という選択肢はあるだろうと考えています。

いずれにせよ、小学6年生が一人で立ち向かう最初の難関が中学受験です。ましてや、中学受験をしない子が大半の金沢で、中学受験勉強をしっかりと行っていくことはとても大変なことです。まずはそもそも中学受験をする必要があるのか。それを自問自答した上で、本当に必要だと判断された方のみ、覚悟をもって中学受験に挑まれることをおススメします。中途半端な気持ちで中学受験に取り組んでも、何も得るものなどありません。特に多く見られるのは、保護者の方だけが熱くなって、子供はまったく乗り気でないパターン。。こういうのは第三者として見ると、とっても残念だなと思います。

考え方は色々あります。小・中9年間で高校受験対策をするというのもアリです。そういう色々なオプションの中から、やはり中学受験に優位性が認められる場合は、覚悟を決めて志望校合格に向けて頑張ってもらえればと思います。

そんな覚悟を決めた皆さんに、これから少し中学受験勉強を進めていくコツをこっそりご紹介していこうと思います!

 

錦丘中学校の入試はこう変わる!

a00154-1

a00154-1

たまには中学受験の情報も!

今年度から錦丘中学校の入試が変わります。

【これまでの選抜方法】総合適性検査+作文+面接

だったのですが、今年度からは、

総合適正検査1・総合適正検査Ⅱ+面接

となるのですが、はて?どう変わるのかよくわからないなーと言う人もいると思いますので、簡単に解説を。

錦丘中学校がスタートしたのは今から11年前の2004年。高校と比べて歴史も浅く、志願者の選抜方法についても改善が重ねられてきました。

近年は、主要4教科の内容を重視し、算数の問題を充実させるなどに配慮した問題が作成されていました。

しかしより的確に志願者の能力や適正を判断するために、問題の量及び出題分野のバランスにより一層配慮する必要があると判断したため、これまで60分で実施していた総合適正検査と40分で実施していた作文の計100分の選抜試験を改めて構成することにしたそうです。

適性検査1では、読解力・表現力等に「条件作文」を含め、主に言語に関する力や国語の学力をみる内容を出題し、適正検査Ⅱでは、問題解決力や論理的思考力等、主に自然や社会、数理に関する力、つまり社会・算数・理科の力を見る内容を出題することとし、それぞれのテストを55分、併せて110分のテストへと変更するのだそうです。

大幅に変わるのか?と思われている方も少なくないと思いますが、実際は昨年までと同様、「融合問題」「総合問題」という形式での出題となるそうです。

公立中高一貫校の志願者選抜にあたっては、文部省の通達により「教科」という言葉は使えないため、どうしてもこのような表現になってしまいます。

簡単にまとめると、これまでのテスト形式だと「教科」ごとの学力判断のバランスが悪いため、的より的確に判断するために、テストを2つに分けるということのようです。これには試験時間が足りないといった声への対応も含まれているようです。

錦丘中学校を目指されている方はいよいよ入試対策を本格化されていることでしょう。zawanabiでも少しでも力になれたらと思い、サポート企画を計画中です!!そのうちご案内しますね。

 

 

 

2015年度 錦丘中学校 入試結果もどうぞ!

a00154-1

中学受験のお話も。
金沢大附属中学校と錦丘中学校は、県内の中学入試でも特に人気がありますね。
今回はその錦丘中学校の最新入試結果のご紹介です。

まずは今年度も含めた過去の入試結果一覧をご覧ください。

公立高校入試と違って中学入試は狭き門ですね。錦丘高校の今年の合格率は約70%。一方で錦丘中学校は今年若干上がったといっても約45%。その差は歴然。
錦丘中学校は過去平均で合格率が40%ですから、5人に2人が合格、逆に言えば5人に3人が不合格になるわけです。そこまでしても錦丘中学校を受験するというのは、やはり中高一貫教育に魅力を感じているからなのでしょうかね。設立当初は「高校受験をしなくていいから」といった消極的な志望動機が多かったと聞いたことがありますが、今はだいぶ変わってきたのかもしれません。
事実近年は遠く加賀市や小松市、羽咋や七尾といったかなり遠い地域からわざわざ受験する生徒が増えていますね(ま、若干名ですが…)
そんな錦丘中学校の今年度の入試スケジュールについてはこちらの記事をご覧ください。

錦丘中学校 今年度の入試は1月24日に決定!

a00154-1
錦丘中学校の入試日程もすでに発表されていますので、ご紹介しておきましょう!
【出願期間】2016年1月12日(火)〜15日(金)
 【試験日】2016年1月24日(日)
【合格発表】2016年2月1日(月)
【選抜方法】
① 調査書
② 適性検査Ⅰ ・・・ 読解力や表現力等、言語に関する力を問うもの
③適性検査Ⅱ ・・・問題解決力、思考力等、自然や社会、数理に関する力を見る内容
④面接