金沢大附属中学校受験についてちょっと考える ②

前回「金沢大附属中学校受験についてちょっと考える①」と題した記事を書きました。

ここでは、金沢大附属中学校の魅力とは何かに対する一つの考え方を示したうえで、本当に中学受験をする必要があるかどうか考えてくださいねというメッセージを送りました。

今回はそういうそもそも論の次。実際に中学受験をする!と決めた方向けの記事です。

第2回目の今回は「中学受験とひとくくりにすると危険」というテーマで記事を書いてみましょう。

金沢に住んでいても、「開成中学校」「麻布中学校」「桜蔭中学校」「灘中学校」という中学校の名前を聞いたことがあると思います。そして地元の「金沢大附属中学校」も同じ中学校です。さらには金沢大附属中学校も上記のそれらの中学校同様、地域を代表する有名校であることに間違いはありません。

ここが落とし穴です。

書店にいくと中学受験対策用の問題集が多数出版されています。ハイレベルと銘打った問題集もあるでしょう。金沢大附属中学校を受験する方の中には、より高度な対策を求めて、これらの問題集に手を出す方が少なくないようです。

はっきり申し上げましょう。

これらの問題集に手を出してはいけません。無駄です。

その理由は明白です。金沢大附属中学校の難易度を、開成中学校や麻布中学校と同列に扱うことはできないからです。

首都圏の難関中学校の入試問題を見たことがあれば一目瞭然ですが、金沢大附属中学校の入試問題の難易度とはまったく違います。猛烈に難しいのです。金沢大附属中学校は記述が多くて….などとの声も聞きますが、首都圏のそれと比較したら、????というレベルです。

例えば、麻布中の2015年度入試問題の社会。「器はものを入れるための道具として、私たちの生活を便利にしてきました。しかし、便利さだけではない意味や役割をもつことによって、器は私たちの生活や社会のあり方にさまざまな影響をおよぼしてきたともいえます。本文をよく読んで、器がもつようになった意味や役割を一つあげ、どのような影響を生活や社会に与えたか、80字以上120字以内で説明しなさい。」

これが問題の1つです。80字以上の記述など高校受験でも出題されません。

書店で販売されている「有名中学校受験」の問題集というのは、こういった問題を解かなければならない中学校を受験する生徒向けの問題集なのです。

金沢大附属中学校の問題でこのような問題は出題されません。出題されないような問題に必死に取り組んだとしても、それは徒労に終わるのです。繰り返しになりますが、このような問題集には手を出さないようにしましょう。

ではどうすればいいのか?

学習塾に通われている方は、塾の先生がよくご存知ですから、塾の先生の指導に従えば大丈夫だと思います。塾に通わずに金沢大附属中学の受験を考える場合は、標準的な問題集に取り組むことを意識してください。

中学受験用の標準的な問題集としてオススメなのが「算数の基本問題」シリーズです。

 

これは、中学受験最王手の「日能研」の子会社である「みくに出版」という出版社が出版している問題集です。「基本問題」と書いてあるので簡単な問題集だと勘違いされがちですが、決して簡単な問題ばかりではありません。このレベルAとレベルBを小学4年生と小学5年生分まで、スラスラと解けるようになれば、附属中レベルの問題であれば十分に対応することができます。

一度この問題集を手にとっていただいて、だいたいどれくらいのレベルの問題なのかを確認してみて欲しいと思います。他教科もそれぐらいのレベルです。

もし今お手元に、「ハイレベル」「難関中受験」といったタイトルがついている問題集があるようでしたら、それと比較してみてください。要求される水準の違いがわかると思います。

ただ、算数の基本問題を含め、中学受験対策用の問題集に取り組む大前提は、「学校の勉強がしっかりとできている」ということです。仮に学校の学習内容に穴があるようであれば、まずはそこを修正することが大切です。

学習内容の定着がはかれているかどうかは、全国統一小学生テストのようなテストを受験してみることをオススメいたします。ここで偏差値がだいたい47ぐらいとれていれば、学校の学習内容には問題なしと判断できます。

次の全国統一小学生テストは11月3日に行われるそうです。お申込みはこちらから可能です。

mv_20150916

 

 

 

金沢大附属中学校受験についてちょっと考える ①

ちょっとだけか!とツッコミをいただきそうですが…。

どうしても高校受験関連の記事が多くなってしまいますので、たまには中学受験関連の記事もアップしてみようと思います。

今回のテーマは「金沢大附属中学校受験」について。

第1回目の本日は、そもそも中学受験をする必要があるかどうかということ。

首都圏・関西圏と異なり、金沢市の中学受験はあくまでも一部の人が受験する特殊なものという位置付けです。その中で絶大な人気を誇るのが「金沢大附属中学校」と「錦丘中学校」の2校なわけです。

ではこの2中学校の魅力は何なのか?!これ意外とストレートに答えられる人って少ないのではないでしょうか。特に附属中学校を受験する方はどうでしょう?錦丘中学校であれば、中高一貫校ですから、高校受験をしなくていいという明白なメリットがありますが、金沢大附属中に入学するメリットって何なのでしょうか?

中高一貫校ではありませんから、頑張って中学受験の難関を突破し合格したとしても、またさらに3年後に篩にかけられます。確かに附属高校への進学は、他中学校から受験することを考えれば有利ではありますが、そもそも附属高校自体の人気が落ちている昨今、附属高校への進学に有利であるということが、どれほどのメリットを持つのかはわかりません(ま、附属中学校を受験される方の多くは、附属高校に対する評価度合いが高い方が多いのですけど…)。

それでも金沢大附属中学校を受験するメリット。やはりそれは「環境」ではないでしょうか。

金沢大附属中学校には、附属小学校からの進級組も進学します。附属小学校の生徒たちは、教育熱心な家庭に育った子供が多いですし、市内の名士のご子息である事も少なくありません。彼らと同じコミュニティーで過ごすことは、目先の高校受験や大学受験ではなく、その先の人生において、有益なものとなるかもしれません。また教育熱心であるということにも関係しますが、「勉強」をすることが当たり前の雰囲気であること、先生が生徒に要求する水準が高いことなど、附属中全体の「環境」が、子供自身をより成長させ得るものなっていると考えることもできます。

このような「環境」は、一人でいくら頑張っても作れるものではなく、「環境」を手にいれるために「中学受験をする」という選択肢はあるだろうと考えています。

いずれにせよ、小学6年生が一人で立ち向かう最初の難関が中学受験です。ましてや、中学受験をしない子が大半の金沢で、中学受験勉強をしっかりと行っていくことはとても大変なことです。まずはそもそも中学受験をする必要があるのか。それを自問自答した上で、本当に必要だと判断された方のみ、覚悟をもって中学受験に挑まれることをおススメします。中途半端な気持ちで中学受験に取り組んでも、何も得るものなどありません。特に多く見られるのは、保護者の方だけが熱くなって、子供はまったく乗り気でないパターン。。こういうのは第三者として見ると、とっても残念だなと思います。

考え方は色々あります。小・中9年間で高校受験対策をするというのもアリです。そういう色々なオプションの中から、やはり中学受験に優位性が認められる場合は、覚悟を決めて志望校合格に向けて頑張ってもらえればと思います。

そんな覚悟を決めた皆さんに、これから少し中学受験勉強を進めていくコツをこっそりご紹介していこうと思います!

 

自分のWPMをちゃんとわかっていますか?

金沢市統一テストの英語に関する記事を前回書いたのですが、そこで中3生卒業時のの平均点な「WPM」を用いて、英文読解に要する時間を算出しました。

本日はこのWPMについて。

WPMとはWords Per Minute の略語で、1分間に何語読めるかを数値化したものです。

「読める」といっても、「英文を読むだけ」の「スピード」を表すのか、「英文を読んだうえで、問題が解けたか」という「読解力」を表すのかで大きく意味が異なってきます。受験生にとって重要なことは「読解力」ですよね。いくら速く読めても、その先の問題がすべて不正解であったら意味がありません。

高槻市教育センターではこのような視点から

WPM=1分間あたりに読めた語 × 正答率

と定義して取り扱うべきとしています。

さてそれでは中3生のWPMの平均値はいったいどれくらいなのか?

読むスピードだけのWPMであれば 60〜70WPMが平均値なのですが、読解力としてのWPMとなると

WPM=48〜56

となるそうです。

自分のWPMも一度算出してみてはいかがでしょうか?WPM計測はいたって簡単です。

例えば、電話帳から1つ入試問題をピックアップしてきて、

① その問題で聞かれる事(問題文)を読む

② タイマーを1分間にセットして、本文を読み始める。音がなったらそこでおしまい。

③ 本文をもう2度とみれないように、隠したうえで、問題をとく。

④ 答え表せをする。正答率を算出する。

⑤ 1分間で読めた語数を数える。

⑥ ④と⑤をかけあわせる。

そうするとWPMを算出することができます。

自分の英語力がついているかどうかを把握するためにも、定期的にWPMを測定してみるのもいいかもしれませんね(受験生に限らず)

 

ちなみにスピードだけのWPMの数値について、100語以上ですとかなりスピーディーに読めてると判断してOKです。200語以上となるとネイティブレベルなのだそうです

 

※上記は関西大学外国語学部教授 田尻悟郎 先生のサイトを参照しています。

附属中の学校説明会まであと6日!

金沢大附属中学校を受験予定の方はすでにチェック済みだと思いますが、念のために記事としてご紹介しておきましょう。

附属中の学校説明会が10月6日に開催されます。

学校運営や学校行事、部活動の紹介などに加えて、募集要項や選抜試験などについての説明があります。また募集要項と入学願書の配布も行われます。

説明会参加にあたっては、事前の予約申込の必要はありませんので、当日学校に直接伺えば大丈夫です。

説明会の開場・受付開始は14:30から。説明会自体は15:00〜スタートするそうです。

今年受験学年の方はもちろんですが、非受験学年の方も参加されてみてもいいと思います。なお、11月3日に学校公開を予定しているそうです。積極的に「相手を知る」ことはとっても大切ですので、非受験学年の方も積極的に参加されてみてください!

この時期の模擬試験の偏差値の捉え方

あっという間に9月も終わろうとしています。毎年のことではありますが、ここから入試本番までは「あっ!」という間です。受験生の皆さんはその点を意識して普段の受験対策に取り組んでもらえればと思います。

さて、この時期になると受験生は月に1回ないし2回模擬試験を受験していることと思います。

石川県総合模試も今週末の日曜日が試験日となっていますよね。

模擬試験を受験すると試験結果が通知されます。大切な指標は「偏差値」なのですが、この時期は偏差値とどう向き合えばよいのでしょうか。

入試本番が近づくにつれ、どうしても偏差値の数値が気になってしまいます。ただこの偏差値は毎回の模試により変動します。したがってその数値だけを捉えて一喜一憂してはいけません。以前の記事にも書きましたが、偏差値は点ではなく線で捉えなければなりません。

この偏差値は受験生となると、「年平均偏差値」「後期j平均偏差値」が受験生の「実力」をとらえるうえで重要な指標となります。この平均偏差値が志望校の合格基準偏差値からー5以内であれば受験妥当と考えて大丈夫です。逆に言うと、自分の平均偏差値ー5が「安全」な受験ができると想定される学校です。

ちなみに石川県総合模試における各学校ごとの合格の目安となる偏差値の参考値は以下の通りです。なおこの参考値自体も、毎回の模擬試験で異なりますので、詳しくは毎回の結果表を確認してみてください。

附属高校 66

泉丘高校(理数科) 66

泉丘高校 60

二水高校 56

桜丘高校 55

錦丘高校 50

西高校 48

市立工業 43(建築学科)

伏見高校 41

 

例えば泉丘高校を志望しているとしたら、現在の平均偏差値が55以上であれば受験自体は妥当ということです。

一方で、その偏差値で確実に(正確に言うと、不合格リスクを極限まで減らす)合格を狙うとしたら、桜丘高校以下を受験した方がいいとも言えます。

ご参考までに。

 

 

生まれ変わる「金沢学院高校」

金沢市内にある私立高校で、市内東部に位置する「金沢学院東高校」。金沢学院東高校は、来年度から「金沢学院高校」と名称変更し、金沢学院大学・金沢学院短期大学との「高大連携」を深めていくという改革をすすめていくそうです。

開設されるコースは

(1) 特別進学コース

(2)総合進学コース

(3)スポーツコース

(4)芸術デザインコース

の4コース。特別進学コースは、国公立大学や難関私立大学の合格を目指すコースで、実際に通われている生徒の学力レベルも、泉丘高校と星稜高校の間と比較的高めです。2年連続で国公立大学に10名以上の合格者を輩出している同校ですが、この特別進学コースでは、成績によるクラス替えを行うなど、今まで以上に受験に対応した指導が実践されるようです。

その他のコースは、金沢学院大学との連携を深めることで、総合進学コースであれば英語とITスキルを身につける教育などが行われるそうです。

そんな金沢学院高校の次年度募集要項が発表されていますので、チェックしておきましょう。

【募集人員】

普通科 420名

(特別進学コース 80名 / 総合進学コース 180名 / スポーツコース 120名 / 芸術デザインコース 40名)

【選抜方法】

(1) 推薦入試

出願期間 2016年1月4日〜7日

試験日時 2016年1月9日午前8時45分〜

選抜方法 作文(60分)+個人面接

合格発表 2016年1月13日

備考 スポーツコースは専願のみの出願。他コースは国公立高校との併願が可能。特別進学コースは平均評定3.7以上が目安

(2)一般入試

出願期間 2016年1月15日〜22日

試験日時 2016年1月29日午前8時45分〜

試験科目 国語・数学・英語・理科・社会の学力試験(各45分)

※芸術デザインコースのみ、理科の代わりにデッサン(60分)

合格発表 2016年2月4日午前10時〜

 

なお、金沢学院高校の合否判定においては、保護者または兄姉が金沢学院高校・学院大学・学院短大の卒業生または在学生であった場合や、専願で受験した生徒は優遇されるそうです。

さらに実際に入学することが決まった生徒の中で、

本番の試験結果が400点以上 または 評定平均 3.7以上 の生徒には、月額2万円の奨学金が支給されるそうです。

1年で24万円….。

けっこうデカいですよね。

 

数学 大問[1]を甘くみてはいけない!

第3回石川県総合模試がいよいよ10月4日に実施されます。あと10日ほどですから、できることと言えば、当たり前のことをコツコツやることにつきます。

本日はこの模擬試験における「数学のコツ」を少し記事にしてみようと思います。

ご存知の通り、石川県の公立高校入試の数学の問題は難易度が高いことで有名です。その入試に即した問題で構成されているこの模試の数学も難易度は高めです。

こういったテストで差がつくのはどういう問題だと思いますか?

後半に登場する超絶難しそうな立体図形の問題でしょうか?もちろんそういった問題ができたら差はつくんですけど、大切なのはこのような問題ではないんです。

ではどの問題か。

間違いなく[1]です。

[1]の配点は30点。例えば前回の総合模試であれば数学の平均点は50.3点。ということは、[1]の問題をパーフェクトで正解してしまえば、平均点まではあと20点。問題数で言えば、4問か5問程度。逆に言えば、難易度が高い上位校を受験する生徒にとっては、ここを落とすわけにはいかないわけです。

皆ができない問題(正解者が少ない問題)ができなくても差は対して広がりませんが、皆ができる問題(正解者が多い問題)を間違えると差が広がります。

これはある年のサンプル生徒の総合模試における[1]の満点率を表したものです。

附属高校 21.7%

泉丘高校 12.1%

二水高校  3.2%

上位校を受験する生徒といえどもこの程度です。まだまだ1点の重みがわかっていないと言えるでしょう。

数学は1問1点とか2点といった配点ではありませんから、1問正解するかしないかで、受験生内の順位が大きく変わります。この部分をよく認識する必要があります。

あと数回残された模擬試験、そして金沢市統一テストでは、[1]を完答することを強く意識してテストに取り組んでもらいたいものです。試験終了5分前は、もう一度[1]の見直しをするぐらいがgoodだと思いますよ。

 

 

遊学館高校の来年度募集要項発表されてます!

遊学館高校の来年度募集要項が発表されていますのでご紹介しておきましょう。

遊学館高校は公立高校でいうと西高校や野々市明倫高校・伏見高校の志望者が併願する学校というイメージが強いですが、泉丘高校や二水高校を受験する層も併願しているのだそうです。市内中心部に位置し、立地は抜群。校舎も綺麗ですからねー。遊学館のホームページで校舎の写真を見てきましたが、ホント綺麗です。

それではそんな遊学館高校の平成28年度募集要項をチェックしていきましょう。

【募集人員】440名

【推薦入試】(公立高校との併願可能)

・出願資格・・・学業成績が中以上で、人物が優れている者。

・出願期間・・・2016年1月7日〜1月14日

・試験日・・・2016年1月16日 午前8:30〜

・試験内容・・・作文+面接

・合格発表・・・2016年1月18日

【一般入試】(試験制の入試)

・出願期間・・・2016年1月18日〜1月22日

・試験日・・・2016年1月29日 午前8:30〜

・試験内容・・・5科目筆記試験+面接

※面接は5人1組みの集団面接

・合格発表・・・2016年2月3日

 

遊学館高校の入試問題は基礎的な理解を問う問題が多く、昨年度入試でも平均点が300点と少し高めの平均点になっています。遊学館高校の合格ラインは5科目合計180点以上ですから、本番でよほどのミスをしなければ合格は可能です。昨年の不合格率は全体で1.7%程度です。

 

 

金沢大学附属小学校入試 募集要項 発表されてます!

280px-Kanazawa_Univ_School

金沢大附属小学校入試の募集要項が9月18日に発表されましたね。ご覧になりましたか?

新1年生の募集要項ならびに複式学級の募集要項ともに大きな変更点はないようです。

そういえば昨年の募集要項で平成29年度以降に学級編成の変更を計画している旨の記述がありました。この計画については今年の1月5日、計画案の概要を定めるに至らなかったため、変更を実施しない旨ホームページで告知されていました。そこには平成30年度以降に変更を計画する場合には、あらためてお知らせすると書かれていました。

今年の募集要項を見ますと、学級編成の変更に対しする言及がありませんので、学級編成ははやくても平成31年度以降になるのだろうと思われます。

新小学1年生ならびに、複式入試の募集要項は以下のリンクからダウンロードできます!

1年生 募集要項はこちら

複式 募集要項はこちら

金沢市統一テスト対策を考える①

9月も後半になり、いよいよ高校受験生最初の関門である「金沢市統一テスト」が近づいてまいりました!

今回からこの金沢市統一テスト対策をご紹介していこうとおもいます 。本日はその第1回目として、「金沢市統一テストの概要」を簡単にご紹介していこうと思います。

金沢市統一テストは、金沢市内の中学3年生全員が受験するテスト(いわゆる地域統一テスト)で、志望校選定の重要な指標となります。

全部で2回実施され、第1回は11月11日、第2回は2016年の1月8日に実施されます。

第1回のテスト結果を踏まえて「私立高校」、第1回と第2回の結果を踏まえて「公立高校」を決定していくと言われています。また国立の附属高校も推薦入試ではこの統一テストの点数が入学志願者推薦書に記入されるため、重要な意味を持つと言われています。

さて、この金沢市統一テスト。難易度も公立高校入試レベル相当です。

過去5年間の平均点は次の通りです。

スクリーンショット 2015-09-20 10.28.02

だいたい250点前後ですので、公立高校入試の平均点と同じぐらいだと思っておけばいいかなと思います。もちろん年によって平均点は異なりますので、実際は自分が受験した年の平均点が発表された後に、結果を分析していくという流れになります。

ちなみに第1回の統一テストの範囲はすでに発表されていますので、こちらから確認してみてください。

次回はこの統一テストで最高のパフォーマンスをたたきだすための対策のすすめ方のヒントをご紹介していきます!

 

(以下 追記)

この記事へのアクセスが多いようですが、この記事作成後、いろいろと金沢市統一テストに関する記事を書かせていただいております。もしよろしければこちらからアクセスしご覧ください。

【平成26年度分析】

H26 第1回 金沢市統一テストてってい分析(1)ー英語編ー

H26 第1回 金沢市統一テストてってい分析(1)ー数学編ー

H26 第1回 金沢市統一テストてってい分析(1)ー理科編ー

H26 第1回 金沢市統一テストてってい分析(1)ー社会編ー

H26 第1回 金沢市統一テストてってい分析(1)ー国語編ー

【直前応援企画】

金沢市統一テスト直前 応援企画!ー英語編①ー

金沢市統一テスト直前 応援企画!ー英語編②ー

金沢市統一テスト直前 応援企画!ー数学ー

金沢市統一テスト直前 応援企画!ー理科ー

金沢市統一テスト直前 応援企画!ー社会編ー

金沢市統一テスト直前 応援企画!ー国語編ー